Column コラムミュージックビデオのあるあるが詰まっている「MUSIC VIDEO」

ファッションとミュージックビデオの関係

ファッションとミュージックビデオの関係
ミュージックビデオは音楽を楽しむイメージがありますが、ファッションも楽しめるミュージックビデオがあります。
これからミュージックビデオ制作を検討している人は、ファッションとミュージックビデオの関係性を知っておきましょう。
好きなアーティストのミュージックビデオは、ファッションモデルや映画スターよりも、よりリアルで親近感や憧れを持つ人が多くいます。
実際に、ミュージックビデオで起用された洋服の売り上げが伸びたケースがあり、影響力は大きいです。
洋服だけではなく、コスメも影響を与えています。
ミュージックビデオは、どこのブランドの何を身につけるのかなどを意識すると、企業の商品戦略に大きなチャンスを与えることができるのです。

ファッションが話題になるミュージックビデオ

視聴者に刺激を与えるミュージックビデオを制作しよう
ファッションが話題になるミュージックビデオを制作する際のポイントは、視聴者が真似できるコーディネートにすることです。
音楽を聴きながらアーティストの着こなしやコーディネートが学べるミュージックビデオにすることを意識してみてください。
また、コンプレックスを解消する着こなし術も取り入れてみると良いでしょう。
例えば、ウエストラインが高く見え、足長効果があるなどです。
視聴していたミュージックビデオから思いがけない発見やアイデアが生まれると話題になります。
ミュージックビデオで身につけているファッションが影響を与えることもあるため、これを上手く活用することでミュージックビデオに話題を集めることができるのです。
日本では、浜崎あゆみが音楽界だけではなく、ファッションでもカリスマだった時代があります。
NEVER EVERのミュージックビデオでは、迷彩柄の服を着用しており、当時、女の子の間には迷彩ブームが巻き起こりました。
さらに、ヒョウ柄を若い女の子がファッションに取り入れるようになったのは浜崎あゆみがきっかけでしょう。

視聴者に刺激を与えるミュージックビデオを制作しよう

好きなアーティストに憧れて、ミュージックビデオで着用していた服やブランドが好きになるケースも少なくありません。
憧れのアーティストのようになりたいという単純な想いから、ファッションを真似する人が多いです。
単にハイブランドな洋服を着用し、おしゃれさだけを意識したファッションでは視聴者は刺激を受けないでしょう。
話題を集めるミュージックビデオとは、ユニークでかっこよく、人種や性別、年齢を問わず多様性の高いもので視聴者に刺激を与えています。
2014年にリリースしたビヨンセの「7/11」のミュージックビデオでは、ビヨンセが着用していた2500円で購入できるスウェットが大人気となりました。
このミュージックビデオは、ビヨンセがスッピンで部屋着姿で踊り出すというものですが、ダンスがかっこよく、ノリが良いです。
カジュアルで気取らないファッションが視聴者に刺激を与えたのでしょう。
現代にはないレトロなファッションも話題を集めやすいです。
マドンナのBORDERLINEのミュージックビデオは、30年近く経った今でも古さを感じさせない80年代スタイルは人気があります。
トレンドを取り入れるだけではなく、何が視聴者に刺激を与えるファッションなのかを考えて、ミュージックビデオを制作してください。
お問い合せはこちらから Contact

Pgae top