Column コラムミュージックビデオのあるあるが詰まっている「MUSIC VIDEO」

注目を集めるミュージックビデオを制作したい場合は

注目を集めるミュージックビデオを制作したい場合は
注目されるミュージックビデオを制作したいと考えている人は、CGを取り入れてみてはいかがでしょうか。
CGの一番の魅力は実現不可能なものを可能に近づけることです。
近年、映像や動画などでCGが活躍しています。
これからもCGが活躍する場は広がっていくのではないでしょうか。
ユーザーの目は肥えてきており、リアルなものや、クオリティの高いものでなければ注目しません。
テクノロジーが進化すればするほど、利用する表現が変わっていきます。
CGなどのテクノロジーの粋を結集し、制作されたミュージックビデオには、多くの人は驚かされるでしょう。
魅了するミュージックビデオを制作するために、CGを取り入れてみてください。
実際に、CGを取り入れたミュージックビデオが、注目を集めています。
音楽やアーティストに興味がない人や、詳しくないという人も、ミュージックビデオにCGを取り入れることで、興味を引くことができるはずです。

全編フルCGのミュージックビデオ

CGを取り入れたミュージックビデオの一つに、YUKIの「フラッグを立てろ」があります。
実際にミュージックビデオを視聴したという人もいるのではないでしょうか。
全編フルCGになっており、その世界観に圧倒されます。
YUKI本人以外はすべてCGで制作されており、CGの世界でしか表現できない世界観を感じるでしょう。
ただCGを取り入れるのではなく、コントラストにこだわっており、白を基調としたCGの世界とピンクと紫のYUKIの衣装との美しいコントラストにも注目してみてください。
小さいYUKIがCGによって動かされており、シンプルな映像ですが、アーティストが考えているイメージがCGによって上手く表現されています。
水曜日のカンパネラというアーティストも全編フルCGのミュージックビデオを制作しています。
「バク」という楽曲のミュージックビデオです。
異次元の扉を開けていくような音とCGの世界がマッチしており、没入感を体験できるでしょう。
カラーリングがとてもポップで、春の季節にぴったりなキャッチャーさを持ち合わせています。
楽曲に合わせて映像が高速に切り替わっていき、まるで異次元にトリップしてしまったかのように感じるミュージックビデオです。
ミュージックビデオ上には人物が出てきませんが、高速に切り替わる映像は、視聴者を飽きさせません。
春を浮遊するような感覚を味わうことができます。

実写とCGを使用したミュージックビデオ

実写とCGを使用したミュージックビデオ
実写とCGを使用したミュージックビデオもあります。
2015年に公開されたCold Stares ft. Chance The Rapperのミュージックビデオは、70台ものカメラを使用し、実写とCGが入り乱れたミュージックビデオを制作しました。
曲のテーマは、現実世界と自分の妄想の中の世界です。
歌詞だけでは伝わりにくい世界観をミュージックビデオで表現しています。
実写は現実世界を表現している二人のダンサーだけで、他はCGです。
ダンサーは6台のドローンに取り付けたカメラで撮影し、妄想世界のダンサーは64台のカメラで撮影しています。
その映像をもとにCGを組み合わせて制作しており、実写とCG、現実世界と妄想世界が入り乱れてみえるように表現しているのです。
ミュージックビデオにCGを取り入れる場合は、楽曲の世界観を忠実に再現することではないでしょうか。
現実世界では伝えることができない概念も、直感的に伝えることができるCGの魅力を活かしましょう。
カメラでは撮影が困難な場合も、CGを活用することで、解決することができます。
世の中にはアーティストや楽曲がたくさんありますが、ミュージックビデオで注目を集めると一気に知名度を上げることができるはずです。
ぜひ、CGを取り入れたオリジナルのミュージックビデオを制作してみてください。

Pgae top