Column コラムミュージックビデオのあるあるが詰まっている「MUSIC VIDEO」

どんどん進化するiPhone。
どんどん進化するiPhone。
最近ではiPhone7のシリーズが販売され、以前に比べてカメラの機能や質が高くなっています。
デジタルカメラにも負けないほど、綺麗な写真や動画が撮影できます。
皆さんも、SNSに写真を載せる時にiPhoneで撮影した写真を編集したり、アプリでムービーを編集したりしたことがあると思いますが、すべてiPhone6だけで撮影、編集をしたミュージックビデオがあることをご存知でしょうか。
世界初、iPhone6だけで制作されたミュージックビデオはYouTubeに投稿され話題になっています。
その話題を呼んでいるのは、イギリスのフォークバンド「The Grizzly Folk(ザ・グリズリー・フォーク)」の「Friday Night」という曲のミュージックビデオで、音楽とマッチしたクオリティの高い作品となっています。

通勤風景をiPhoneで

撮影は簡単
「Friday Night」のミュージックビデオの内容は、作成者であるジョン・ウィルクス氏がロンドンの通勤風景をiPhone6だけで撮影~編集しています。
実際の作品を見てみると、青みがかった街が幻想的であったり、タイムプラスで撮影された川の波が綺麗だったり、色が鮮やかなシーンがあったと思えば、なんとも言えない寂しさを感じさせるシーンなど、とてもiPhone6だけで撮影したとは思えません。
しかし実際、撮影には「iPhone6、三脚、4Gネットワーク」さえあれば制作できたといいます。
撮影自体は、iPhoneの標準カメラアプリのスローモーション機能や「Hyperlapse」というタイムラプス撮影に特化したアプリを使用し、編集には「iMovie」を使用したとのこと。
撮影、編集はとても簡単で、撮影から編集まで4日間程度で完成したそうです。

スローモーションやタイムラプスを使いこなす

iPhone5になってから、スローモーション撮影ができることはAppleもアピールしていたので皆さんも知っていて、使っている人が多いと思います。
しかし、タイムラプスはどうでしょうか。意外に使っている人は少ないのではないでしょうか。
タイムラプスとは、特定の間隔で撮影し、それをつなげて動画にしてしまうというもの。
たとえば、雲をタイムラプスで撮影すると、流れていくシーンなどを早送りの動画撮影ができます。
上記の映像は、すべてiPhoneでタイムラプス撮影したものです。
iPhone機能はとても素晴らしいですが、使いこなすことができないと少し勿体ないようにも思えます。
機能を使いこなし、iPhoneだけでクオリティの高い映像が作れたら、映像制作がより一層楽しくなりますね。
みなさんもお持ちのiPhoneで、こうした機能を使ってビデオを撮ってみてはいかがでしょうか。

Pgae top