Column コラムミュージックビデオのあるあるが詰まっている「MUSIC VIDEO」

芸能人からも絶賛されている「MUSIC VIDEO」

芸能人からも絶賛されている「MUSIC VIDEO」
あるミュージックビデオが話題になっています。
それは、岡崎体育の「MUSIC VIDEO」です。
タイトルが「MUSIC VIDEO」という、少しややこしいタイトル名のミュージックビデオですが、Twitterでも、芸能人からも絶賛されているんです。
公開してから一週間で78万回以上再生されていますし、SEKAI NO OWARIのFukaseやきゃりーぱみゅぱみゅ、SiMのSINといったミュージシャンがTwitter上で絶賛しています。
一日に一回見ないと気がすまない、なんて人もいるみたいです。

ミュージックビデオのあるある

ミュージックビデオのあるある
絶賛されている岡崎体育の「MUSIC VIDEO」。実際、どんなミュージックビデオか気になりますよね。
この作品は、ミュージックビデオの「あるある」を曲にして、映像化したものなんです。
まずは、アニメCGと映像のコラボでタイトル表示。
ゆるいカラフルなアニメCGを使用していて、開始早々「こんなミュージックビデオ見たことあるある!」と思うでしょう。
開始の数十秒で見る側の心を鷲掴みにすることは、バズるミュージックビデオを制作するうえで非常に大切なことです。
歌詞自体にも、カメラ目線で歩きながら歌う、泣かす・躍らす・音楽を聴かす・窓にもたれさす・倒れさす、オフショットの笑顔など、ミュージックビデオのあるあるを綴っています。

あるあるネタ

「二分割で男女を歩かせて、最終的に出会わせる」「急に横からメンバー出てくる」 「突然カメラを手でかくして、次のカットで場所移動している」 「無意味に分身するよね」 「ビンタされとけ」 「交差点立っとけ」 「とりあえず目的もなく浜辺を歩け」 「何かを拾って振り返る」「ハイ、カット!」後に、「おつかれさまでした~」と、ちょっとした“素”をみせるなど、他にもあるあるネタが満載です。
専門用語や、難しい言葉を使っていないところも素晴らしいです。
この4分28秒のミュージックビデオを制作する際に、様々な技法や演出方法を試したため、100時間以上撮影時間に費やしたそうです。
また、編集にもかなりの時間がかかっているでしょう。
映像制作の要素がたくさん詰まったミュージックビデオ。
実際に、岡崎体育の「MUSIC VIDEO」を見ていない人でも、歌詞だけで「あるある」と思うのではないでしょうか。
今後、他のアーティストのミュージックビデオを見る際に、意識して見てしまいそうですね。

Pgae top