Column コラム色彩心理学を活かしたセールスプロモーション映像

色彩心理学は広告の世界で活用できるのか

色彩心理学は広告の世界で活用できるのか
色彩心理学とは、色が心理に影響を与えることであり、広告業界にも大いに活用されているのです。
例えば紫色には知性的、気品、高級感が漂うイメージから、美容関連のサービスや優雅なイメージのブランド広告に適用されています。
一方で、心を落ち着かせて欲求を抑えられる青色は、信頼や安心感をイメージさせるため、金融や不動産関係など信用が重要な会社に使われています。
豊かなイメージをつけたいなら、成長や繁栄といった意味の緑を使用し、興奮や熱狂などと言ったイメージのオレンジ、人の目を引いて刺激させる黄色や警告を表すレッドなど、与える印象と色が様々あります。
このように、伝えたいメッセージを考えたうえで色彩心理学を活用して広告にすることで、人をより引き付けられ、高い広告効果を生み出すことができるでしょう。
静止画の広告だけでなく、セールスプロモーション映像にも効果が高いとされています。


色彩心理学をセールスプロモーション映像に生かすには

色彩心理学をセールスプロモーション映像に生かすには
セールスプロモーション映像とは、数ある手法の中で、動画によって広告を提供することです。
消費者にとって、セールスプロモーション映像のほうが、静止画の広告よりも記憶に残りやすく、購買活動につながりやすいでしょう。
そのため、企業などがセールスプロモーション映像を広く活用しています。
これらセールスプロモーション映像に色彩心理学を生かすのであれば、まずコーポレートカラーを決め、それを印象に残るように配置すると良いでしょう。
また、単にカラーバリエーションを豊富にするだけでなく、モノトーンなどを活用することで洗練されたイメージを生み出すこともできます。
それだけでなく、ターゲットを絞るのであれば男性が黒や青、女性がピンクや赤、若いうちは派手な色使い、そして中高年にはナチュラルで落ち着いた色合いなど、ターゲットによって変えていくのもおすすめです。

お問い合せはこちらから Contact

Pgae top