Column コラム印象に残るセールスプロモーション映像の特徴とは

なぜセールスプロモーション映像は印象に残るのか

なぜセールスプロモーション映像は印象に残るのか
動画を見る人が爆発的に増えている今、広告の世界において単に二次元の画像のみならず、セールスプロモーション映像が非常に重要となっています。
単なる情報の羅列ではなく、視聴者の心に残りやすい、印象に残りやすいということです。
また、映像と音声を掛け合わせた動画は、文字で構成されたコンテンツの2倍以上、記憶のなかにとどまり続けるのです。
特に、特徴的なテレビCMには、流行語となるように視聴者の記憶に定着します。
「広告想起」は、広告が視聴者の記憶に定着したかどうかを数値化する指標ですが、その指標が大変高いことがテレビCMの特徴です。
その点セールスプロモーション映像は、CMほどのコストも掛らず、工夫次第で記憶に定着させることができ、印象にも残りやすいでしょう。
セールスプロモーション映像は、進化する市場の中で、会社の売り上げや利益にとても重要な役割を持っていると言えます。


印象に残るセールスプロモーション映像制作するために

印象に残るセールスプロモーション映像制作するために
セールスプロモーション映像は、現在の広告業界において重要な役割を果たしていますが、単にたくさん流せば良いものではありません。
他の企業より、印象的なセールスプロモーション映像を求めるのであれば、ポイントを知ったうえで制作する必要があります。
効果の高い印象的なセールスプロモーション映像を作るためには、「印象的なもの」「脳が重要であると認識したもの」「反復性のあるもの」といった記憶に残る要素を満たす特徴的な映像を作ることがポイントでしょう。
加えて、人の脳は最初に起こったことと、最後に起こったことが記憶されやすい傾向にあります。
そのため、脳に強くインプットさせるためには、映像の最後に意外性も欠かせない要素ではないでしょうか。
単に自社の商品を宣伝すれば良いものではないため、こういった印象に残るセールスプロモーション映像はプロにお願いすることがおすすめです。
お問い合せはこちらから Contact

Pgae top