Column コラム農業の大切さを伝えるセールスプロモーション映像

体験農業の様子を伝える

体験農業の様子を伝える
農業の大切さを伝えるには、やはり実体験するのが一番ではないでしょうか。
そのため、農業体験をしてもらうのが良いですが、漠然と体験イベントの希望者を募集しても、あまり集客することはできません。
そこで、農業体験のイベントをプロモーション映像として制作し、PRしましょう。
例えば、田植えをしている人々の様子や、野菜栽培をしている様子、農業体験した人々の声を聞いて、感想や表情も取り入れてみてはいかがでしょうか。
ただ農作物にしても、いくつも栽培できる作物はあるので、まずはどのような作物を使った体験イベントにするか、またPRはどのようにするかを決めます。
若い人に向けたプロモーション映像なのか、女性に向けたものかなど、PRしたいターゲット層によっても制作するセールスプロモーション映像の内容は変わってくるでしょう。

農業の様子を動画に

農業の様子を動画に
農業の大切さを伝える際には、農業体験ばかりをセールスプロモーション映像に映す必要はありません。
日本でも各地で農業を行って作物を栽培している人がいるため、その栽培の様子を動画にして、セールスプロモーション映像としても良いでしょう。
また、日本でも棚田やお茶畑、広大な作物が生い茂る畑、沢山のビニールハウスなどあるので、そのような景色も一緒に動画としてPRすると、より動画を見た人の心には残ります。
どんな農業やイベントをセールスプロモーション映像にするとしても、人々の心に残り印象的なものでないと、PRとしての効果は薄いのではないでしょうか。
そのため、できるだけインパクトがあったり、楽しそうだったり、美しい風景などをプロモーション映像に盛り込むと良いでしょう。
最近は、ドローンを活用した撮影も、手軽になりました。
ドローンを活用することで、誰でも簡単に空撮を行うことができ、空からの映像を動画として使うこともできます。
ターゲット層を明確にして、セールスプロモーション映像を制作しましょう。
お問い合せはこちらから Contact

Pgae top