Column コラム不動産が活用するセールスプロモーション映像

不動産で使うセールスプロモーション映像

不動産で使うセールスプロモーション映像
不動産の物件紹介というと、部屋の写真を使って雰囲気の紹介や間取り、地図などを紹介するというのが一般的です。
しかし、インターネットの技術発展により、動画サイトも増えてきており、動画も簡単に見られるようになってきています。
そして、動画を不動産のセールスプロモーション映像として利用する会社も出てきています。
一般的な動画の使い方としては、所有する物件を動画で撮影し、セールスプロモーション映像とする使い方です。
これによって写真だけではわからない雰囲気を伝えることができ、現地に行かなくても、ネット上で内覧することができます。
何より動画では写真と異なり、隅々までセールスプロモーション映像で紹介することができるので、より詳細に魅力を伝えることができるでしょう。
また、セールスプロモーション映像を内覧だけではなく、物件の周辺の紹介を一緒にすることで、どのような場所にその物件があり、周囲の雰囲気も伝えることができます。
動画を使い内覧できたり周囲を見られたりするようにすることで、不動産物件を探している人が実際に内覧したときに、イメージと違ったということも少なくできるので、契約にも繋がりやすくなるのではないでしょうか。

セールスプロモーション映像の活用について

セールスプロモーション映像の活用について
不動産業界でセールスプロモーション映像を活用する際には、物件や周辺だけではなく、不動産会社のプロモーションに活用してみてはいかがでしょうか。
不動産業界では、1つの物件を様々な不動産会社が扱うことも多いため、自社ならではのサービスやメリットを伝えることが大切です。
そのため、セールスプロモーション映像を活用して自社独自のサービスを伝え、競合他社との差別化を図りましょう。
例えば、女性が入りやすい店舗であることや仲介手数料がクレジットカードで支払えるなど、不動産業界でも独自のサービスを行っているところがあります。
そういったサービスの情報をセールスプロモーション映像に取り入れることで、競合他社と差別化することができるでしょう。
お問い合せはこちらから Contact

Pgae top