Column コラムBtoCにおけるセールスプロモーション映像のメリット

BtoCとBtoBの違い

BtoCとBtoBの違い
セールスプロモーション映像を制作する企業は多いですが、BtoBとBtoCではマーケティング手法が異なります。
それは、客層が異なるからです。
これからBtoC企業のセールスプロモーション映像を制作しようと検討している人は、BtoBとBtoCの違いについて知っておきましょう。
セールスプロモーション映像は、映像を活用して商品やサービスを売るなど販促目的です。
ターゲットを絞り、テーマをしっかり決めて制作されたセールスプロモーション映像は、BtoCからBtoBまであらゆる立場の人に効果的なものとなります。
BtoBは企業がターゲットとなり、個人の感情に訴えかけても利害関係が一致しなければ意味がありません。
一方、BtoCでは企業ではなく個人消費者がターゲットになり、個人の意思で商品の購入や、サービスを活用するか判断します。
BtoC企業のセールスプロモーション映像は、不特定多数の視聴者に自社製品がどのようなものか知ってもらうことが目的となるでしょう。
自社製品を知ってもらい、興味を持たせなければ購買には繋がりません。
セールスプロモーションを制作する際には、アニメーションや音楽を活用し、視聴者に興味を持たせることが大切です。
しかし、BtoBでは、感覚的なものではなく論理的に説得力と、信憑性が高いセールスプロモーション映像を制作する必要があるため、質の高さが求められます。

BtoCにおけるセールスプロモーション映像のポイント

BtoCにおけるセールスプロモーション映像のポイント
BtoC企業は、視聴者からの信頼性を獲得することも大切ですが、論理的に説明して納得させるよりも、なんとなく興味がある、なんとなく好き、といった感情を持ってもらえる映像にしましょう。
視聴者の心に響くセールスプロモーション映像を制作するためには、価値観などを研究し、共感を得るポイントがどこなのかを明確にしなければなりません。
また、BtoCとBtoBに共通している必要なことがあります。
それは、エンターテインメント性です。
視聴者に良い情報を提供しても、セールスプロモーション映像がつまらないものであれば、途中で視聴をやめてしまう人も少なくありません。
エンターテインメント性を意識して、BtoC企業の映像を制作しましょう。
お問い合せはこちらから Contact

Pgae top