Column コラム地域の魅力を伝えるセールスプロモーション映像

セールスプロモーションの可能性を探る

セールスプロモーションの可能性を探る
今後急激に人口減少や高齢化が見込まれる中で、自治体や地域の企業では、経済力や活力低下が懸念されます。
地域住民などに選ばれる町や企業となるには、その魅力を伝えることが不可欠であると言えます。
従来の方法だと、ガイドブックやパンフレット、紙媒体の広告で宣伝するのが一般的でした。
最近は動画で宣伝するという方法が登場しており、セールスプロモーション映像として地域の魅力を伝えて、町や企業の宣伝に活用するという方法も出てきています。
ガイドブックなどでは、どうしても平面の2次元的な視点でしか情報を伝えられず、冊子として枚数を増やせば伝えられる情報も増えますが、それでも限りがあります。
しかしながら、セールスプロモーション映像とすると、それが3次元的な視点で情報を伝えられるようになり、宣伝できる魅力も大幅にアップします。
さしずめ映画ポスターが2次元的な情報に対し、映画そのものが3次元的な情報というような感じでしょう。

地域を宣伝するには魅力がないといけない

地域を宣伝するには魅力がないといけないセールスプロモーション映像として宣伝に活用する場合、今はスマートフォンでも高精度の映像が撮影できるようになっており、デジタルカメラも値段が高くなく、映像編集ソフトも使いやすくなっており、動画撮影はとても手軽になっています。
セールスプロモーション映像を作成したならば、そのまま地域や自治体、企業や町のホームページの掲載をし宣伝しても構いませんが、今はYouTubeなど動画を見たい人が集まるようなサービスもあります。
ただ地域や町の魅力を宣伝するには、突出した何かを伝えないとなりません。
たとえばその企業の製品のセールスプロモーション映像を作って宣伝したとしても、それは多くの企業が行なっており、あまり宣伝効果は見込めません。
地域や町にしても、セールスプロモーション映像は、それを見て、地域や町に行きたいと思わせるように繋げるようにするのです。
つまりは、セールスプロモーション映像はその動画で完結するものではなく、その後に繋げるような使い方をすると効果的です。
お問い合せはこちらから Contact

Pgae top