Column コラムドローンを活用したセールスプロモーション映像の可能性

ドローンをセールスプロモーション映像に使う

ドローンをセールスプロモーション映像に使う
セールスプロモーション映像というと、専用のビデオカメラを使い、店舗などを撮影して活用するという方法が一般的でした。
しかし、ここ数年はドローンという新しい小型機材が登場し、趣味で使うのみならず、企業でも広告として活用を考えることも出てきました。
初期のドローンは飛行が安定しておらず、その飛行距離も限られており、用途も限定的でした。
もちろんこの頃のドローンでも空撮は出来ますが、年月が経ち性能も上がり、連続飛行距離も伸び、中にはホバリングするものや、リアルタイムで撮影してディスプレイに映像を映せるようなもの登場しています。
ドローンを使ったセールスプロモーション映像となると、空撮した映像を活用し広告に使うこととなります。
今では、有名なミュージシャンもプロモーションにドローンの空撮映像を広告として活用しており、可能性はますます広がってます。

ドローンの空撮映像を広告として活用する

ドローンの空撮映像を広告として活用するセールスプロモーション映像として使うにしても、企業の業種によって使い方は違ってきます。
空撮というと上空から地上を撮影することを思い浮かべますが、店舗内を撮影するようなことも出来ます。
企業広告としてセールスプロモーション映像に使うならば、PRしたいものを空撮し、さまざまな視点を変えていくということが出来ます。
やはり企業内の様子をそのままリアルな姿で動画に出来るので、リアリティある映像が出来るのです。
使い方次第では、空撮を上手く行なえば、その地域の観光PRや、テーマパークやスポーツ施設のPRとしても活用できます。
撮影するのは企業や施設ばかりではありません。
集合写真を上空から撮影したり、人物を一人一人撮影したりするなどすると、人材募集やアピールとしての広告にも活用可能です。
さらには不動産物件や、企業の製品、開発した機械などをドローンで撮影すれば、ピンポイントでPRすることができ、企業広告として活用できます。
お問い合せはこちらから Contact

Pgae top