Column コラム歯医者で活用されるセールスプロモーション映像について

歯医者で活用されるセールスプロモーション映像のポイント

歯医者で活用されるセールスプロモーション映像のポイント
コンビニよりも数が多いと言われるほど、様々な歯医者があります。
患者さんに選ばれる歯科になるためには、その歯科の特徴や個性をアピールする必要があります。
文字や写真だけではなく、セールスプロモーション映像を活用してみてはいかがでしょうか。
セールスプロモーション映像を制作する際の注意点として、一つは患者さんに安心感を与えることができ、患者さんに信頼してもらえる歯医者であることが伝わるセールスプロモーション映像であることです。
歯医者が大好き、という人は少ないものでしょう。
他の疾患で内科などに行くよりも、痛みがなければ中々行こうとは思わないのが歯医者です。
それは痛みがある、怖い、といった印象が強いからです。
そこで、患者さんが安心できる歯医者であることを理解してもらえる、セールスプロモーション映像が重要となります。
そのためには、スタッフに出演してもらってはいかがでしょうか。
実際に働いているスタッフが出演している映像は、実際に歯医者に行ったときに安心感が生まれます。
患者さんのリアルな声を映像にしても良いでしょう。
同じ立場の人の意見は、より安心できます。

症例を紹介するのも方法の一つ

症例を紹介するのも方法の一つ 患者さんに安心感を与え、信頼される映像を製作し、さらに選ばれるには症例を使うというのも一つの方法です。
最近では美容歯科のように、美しい歯になりたいという人も多いです。
どのような美しくなれるのか仕上がりは気になるもので、映像で伝えることができれば、疑問を解消することができます。
病院を選ぶ基準として、実績があります。
症例を紹介するのは、実績を紹介することになり、患者さんの信頼度をアップさせることにつながるでしょう。
ただし、歯科医院の症例を映像にする際には、解説を入れ、素人が映像を見てもわかりやすいようにすることが大切です。
歯医者に定期的に通う大切さを伝える映像にしましょう。
お問い合せはこちらから Contact

Pgae top