Column コラムワンカットでオシャレなかっこいいミュージックビデオ

失敗できないワンカットミュージックビデオ

失敗できないワンカットミュージックビデオ たくさんのアーティストがいる中、今では新たな曲を発表すると同時にミュージックビデオを制作し、公開しています。
そのミュージックビデオにもたくさんの工夫がされ、最新技術やコラボレーションなど個性的なミュージックビデオが増えてきました。
そして今、注目しておきたいミュージックビデオはワンカットで撮影されたものです。
ワンカットとは長回しとも呼ばれていますが、最初から最後まで1回で撮り、編集でも切ったり、場面を切り替えたりする編集などをしない方法になります。
1度で撮らなければならないため、作り込まれたアイデアがたくさんあり、個性的なミュージックビデオにする場合にはワンカットはおすすめです。

ワンカットミュージックビデオの種類

たくさんのアーティストがいる中、同時にたくさん制作されているのがミュージックビデオです。
中でも、注目したいワンカットと呼ばれるミュージックビデオの撮影方法ですが、1度の撮影で全てを撮りきることを活かし、同じワンカットでも違ったミュージックビデオがあります。
まず、ワンカットのミュージックビデオでループ系の構成になっているものは、作品の中に編集作業がない特徴を活かした構成です。
代表的なループ系のワンカットミュージックビデオは、サカナクションの「アルクアラウンド」でしょう。
これは、最後まで見たと思っていたら、最初に繋がり、繰り返し見たくなるようなループしているミュージックビデオになっています。
ワンカットだからこそできるミュージックビデオですが、歌詞の出し方なども独特なアイデアがつまっており、こだわりが見ている人にも伝わってくるミュージックビデオでしょう。
そして、ワンカットで撮られているミュージックビデオは、バンドなどの少人数での撮影だけでなく、地方の地域活性のために作られたミュージックビデオでも使用されています。
その地域をアピールするために自治体などが協力し、何千人という人が一斉にワンカットで撮影する大人数系のミュージックビデオがあり、地域の賑やかさや団結感を演出できるため、ワンカットが有効的に活かされているのです。

緊張感のあるワンカットミュージックビデオ

緊張感のあるワンカットミュージックビデオ ワンカットのミュージックビデオには、何度も見返したくなるようなアイデアなどが盛り込まれ、個性的なミュージックビデオを求めている人には最適な方法です。
しかし、ワンカットで撮影するため、失敗してしまうと最初から撮り直さなければなりません。
そのため、撮影では一人ひとりのプレッシャーが大きいものです。
さらに、大人数で撮影するものや、ワンカットのうちにダンスを取り入れているものなどは、失敗してしまうと、とても撮影時間が掛かってしまいます。
撮影中も構成によっては、メンバーがワンカットのうちに何度も出てくることになると、カメラに写らないように移動しなければならないため、ハードな撮影になってしまうこともあるでしょう。
その分、一人ひとりが真剣に緊張感を持って撮影するため、撮影後の達成感や、見ている人にも緊張感や臨場感が伝わり、1回で完璧に撮影できるなんて素晴らしいとの印象的なミュージックビデオになります。
お問い合せはこちらから Contact

Pgae top