Column コラムセールスプロモーション映像の時間の活かし方

視聴者を飽きさせないプロモーション映像

視聴者を飽きさせないプロモーション映像セールスプロモーション映像は、視聴者を飽きさせずに伝えたい情報を効率よく伝える必要があります。
一般的に、セールスプロモーション映像を5分以上流すと、視聴者は飽きやすい傾向にありますが、興味があれば5分以上でも視聴者は見続けると言われています。
視聴者の興味を抱かせるために、大切なのは制作したセールスプロモーション映像が視聴する人にとってどれほどの意味を持っているか、ではないでしょうか。
視聴者を飽きさせずに有益な情報を伝えるためには、時間にポイントがあります。
セールスプロモーション映像にリズム感を与える時間操作を活用しましょう。
セールスプロモーション映像で幅広く活用されている表現技法です。
これからセールスプロモーション映像の制作を検討している企業は、時間操作について知っておきましょう。

時間操作を用いたセールスプロモーション映像

時間操作を用いたセールスプロモーション映像時間操作とは、通常の映像を編集し時間の流れを変えることです。
時間の流れに変化をつけることで、非現実的な世界を体験できる映像技法です。
早回しや、スローモーション、逆再生といった技法を効果的に組み合わせることで、セールスプロモーション映像にリズム感を与え、自然と視聴者を注目させ、映像に面白みを付与することができるため、視聴者を飽きさせません。
映画やCMで、インパクトのある結末をはじめに見ると、その過程を知りたくなったことがあるのではないでしょうか。
そのような時によく用いられるのが逆再生です。
逆再生をすることで、視聴者に違和感を与え、引きつけます。
スローモーションは、肉眼では捉えることができない瞬間をのぞくことができるため、視聴者の好奇心をそそります。
セールスプロモーション映像でもリズムを意識することが大切です。
セールスプロモーション映像の内容やシナリオが素晴らしいものでも、抑揚のない映像では視聴者を飽きさせてしまいます。
よって、時間操作という表現技法を用いて、強調したいポイントの時間の流れに変化をつけることで注目度を高めたり、時間を巻き戻すことで新たな情報がわかるようなストーリーを組み立てると、セールスプロモーション映像に驚きやリズム、意味合いを持たせることができるでしょう。
お問い合せはこちらから Contact

Pgae top