Column コラムブランディングを意識したセールスプロモーション映像について

ブランディングとは

ブランディングとはセールスプロモーション映像によって伝わるブランドイメージが変わります。
一般的にも使用されることが多いブランディングという言葉は、企業自身や商品をブランディングしたいと思っても簡単にできるものではありません。
ブランディングを意識したセールスプロモーション映像を制作する前に、ブランディングについて知っておきましょう。
ブランディングとは、例えば、同じ商品であっても、その背景にはどのような物語があるかといったことや、どういう思いで商品が出来たのかを知ることで、その商品の価値がより上がるということです。
ブランディングにはポイントがあります。
セールスプロモーション映像は、時間が限られており、伝えたい内容を視聴者に残すという目的を考えれば、1つのセールスプロモーション映像で訴求する内容は1つに絞る方が効果的です。
1つに訴求ポイントを絞った場合、訴求内容をどう展開してブランディングを行なっていくのか、という中長期的な視点が欠かせないでしょう。

ブランディングのポイント

ブランディングのポイント基本的に、セールスプロモーション映像は、その内容や企業が自分にとってメリットを感じない限り、そのセールスプロモーション映像に興味を持ちません。
その上で、企業名や商品名、内容もすべて知ってもらうというのはハードルが高いものです。
そのため、まずセールスプロモーション映像で最初に訴求すべきものは名前です。
人は聞いたことがある名前というだけで、そのものに親近感を覚えます。
次に、何をする企業なのかを覚えさせます。
長々と説明をしても飽きてしまうため、端的にまとめる必要があります。
その内容が他社と差別化もできていればブランドのコンセプトとして機能していくでしょう。
次に、企業や商品への好印象を付加していきます。
視聴者にとって身近な存在であるということや、見えないところであなたの生活をより良くしています、などです。
認知と親しみを獲得すると、次はスキルの高さや企業姿勢などを伝え、さらに高評価を狙います。
ブランディングは企業にとって非常に大切です。
ポイントをおさえて、ブランディングを意識したセールスプロモーション映像を制作しましょう。
お問い合せはこちらから Contact

Pgae top