Column コラムお化け屋敷で流れるセールスプロモーション映像の効果

対抗恐怖を利用したセールスプロモーション映像

対抗恐怖を利用したセールスプロモーション映像 人間は怖いものを見たくないはずなのに、見てしまう矛盾した行動が見られることがあります。
怖いと知りながら、ついついホラー映画や動画を見てしまった経験がある人も多いのではないでしょうか。
怖い、嫌だと思いながらあえて、その怖さにまた行きたがる、見たがる心理は、対抗恐怖という心理です。
人間は、恐怖を感じることでより強い生を感じることができる本能を持っています。
それは、怖いものに直面し、恐怖心を乗り越えようとする心理が働き、強くないといけないという観念が、その行動を起こすのです。
対抗恐怖による行動の目的は、怖いものをあえて直面することで、「自分は大丈夫」という安心感を得ることにあります。
この心理を利用した、お化け屋敷のセールスプロモーション映像ができます。

お化け屋敷にセールスプロモーション映像を活用しよう

お化け屋敷にセールスプロモーション映像を活用しよう テーマパークなどにあるお化け屋敷は、セールスプロモーション映像を有効活用することで、集客効果が期待できます。
お化け屋敷のセールスプロモーション映像を制作する際には、ポイントがあります。
まず1つ目のポイントは、結末が見えない動画を制作することです。
ドラマや小説、漫画などにおいて、何も事件が起きない単調なストーリーは、飽きてしまいます。
しかし、主人公が様々な壁にぶち当たり、乗り越えるストーリーは、面白みがあります。
これは、お化け屋敷のセールスプロモーション映像にも当てはまります。
先が見えないお化け屋敷は、様々な恐怖を感じる場所が、それぞれ設置されています。
どのような怖さがあるのか、といった内容をセールスプロモーション映像に取り入れ、結末はどのような恐怖が待っているのかを来場者に想像させ、期待を抱かせることで、入ってみたいと思わせることができるので、集客効果が見込めます。
お化け屋敷の集客に、映像制作専門の業者に依頼し、集客効果のあるセールスプロモーション映像を取り入れてみてはいかがでしょうか。
お問い合せはこちらから Contact

Pgae top