Column コラム4Kの映像コンテンツの特徴について

最近のテレビやカメラの特徴とは

最近のテレビやカメラの特徴とは
ITテクノロジーが進化し、近年よく耳にするようになったのが4Kです。
特にテレビでは、大々的にセールスプロモーション映像が流されましたが、現在ではテレビだけでなく、カメラやモニターなど、様々な表示装置が対応し始め、日常での生活に使用されるようになってきました。
なぜこのように話題となり、求められるようになったのかと言えば、その画質のよさが従来のものと比較して非常に優れているためです。
画素数では800万画素を越えているため、それまで高画質と言われていた、フルハイビジョンの200万画素と比べて、4倍の画素数となりその差は一目瞭然です。
テレビでは1秒間に60ものコマが使用され、髪の毛の一本一本、水しぶきの一滴一滴まで細部にわたって映し出すことができ、その映し出された映像が目の前にあるかのような感覚を得ることが可能なのです。
映像をより鮮明に見られることで、特にスポーツなどの映像において、その違いを実感しやすいのが特徴です。
もちろん映像だけでなく、カメラなどの静止画においても、対応しているものと、そうでないものの違いは明らかで、細部にわたって高画質であるため、遠近感などが表現することが可能となりました。

企業の販売促進にどうつながる

企業の販売促進にどうつながる
4Kテレビなどが大きな話題となっている今、実はこうした高画質の映像コンテンツは、消費者が高画質で、鮮明な映像が見られるというメリットだけではありません。
企業において、セールスプロモーション映像を流すうえで、大きなメリットを生みだすのです。
企業の販売促進の戦略の1つとして、最も親しまれてきたのがCMです。
このCMによって商品を宣伝し、消費者の購買意欲を向上させる働きがあります。
しかし近年企業の販売戦略において、極めて重要となりつつあるのが、デジタルサイネージの活用です。
デジタルサイネージとは、インターネットでつながっている液晶のディスプレイで、店頭や公共施設、ビルなどの壁面で映像を映し出すことができるものです。
こうしたデジタルサイネージで映し出されるコンテンツに、高画質なものを使用することによって、映像の前でお客様が立ち止まってくれることが多くなり、商品のアピールに関して効果が高まると言えるのです。

お問い合せはこちらから Contact

Pgae top