Column コラムアプリ用のセールスプロモーション映像を制作する時のポイント

アプリ用セールスプロモーション映像とは

アプリ用セールスプロモーション映像とは
近年では、アプリを紹介するためにセールスプロモーション映像を制作する企業が増えてきています。
アプリ用のセールスプロモーション映像は商談時の営業力のアップ、展示会での機動力、商品訴求力のアップ、資料コスト削減など様々な効果があります。
そのため、アプリ用のセールスプロモーション映像は欠かせないものとなりつつあります。
企業のHPやウェブサイトに、セールスプロモーション映像の導入は必須になってきています。
アプリ用のセールスプロモーション映像を効果的に使用して商品やサービス、マニュアルなどを紹介し、人々に興味を持って貰いましょう。

メリットと制作ポイント

メリットと制作ポイント
アプリ用のセールスプロモーション映像は、高いレベルの営業力が統一されます。
通常の営業では担当者によって、営業力に偏りがでてしまう企業がほとんどでしょう。
セールススキルの教育にもコストや時間がかかります。
セールスプロモーション映像を使用することで、コスト削減や時間短縮効果が期待でき、高いレベルの営業力を担当者全員が共有することができます。
また、無形商材の場合、言葉だけでは相手に伝わりにくいことがあります。
セールスプロモーション映像では、言葉ではイメージが伝わりにくいものでも、相手へ説明がしやすく、ストレートに商材の良さを伝えることが可能です。
通常営業では、紙媒体を使用することが多いですが、セールスプロモーション映像は資源コストを削減することができます。
営業する分だけ営業資料を毎回印刷する必要がなく、iPadやPCでセールスプロモーション映像を見せるだけで良いため、準備にかかる時間も短縮することができるでしょう。
アプリ用セールスプロモーション映像を制作する時は、アプリを知らない人に対するアプローチと、既にそのアプリを知っている人に対するアプローチを、映像内容に盛り込むことが重要です。
また、アプリを説明すると同時に企業のイメージをつくることを意識しましょう。
アプリを紹介し、企業をブランディングするセールスプロモーション映像を制作することがポイントです。

お問い合せはこちらから Contact

Pgae top