Column コラムアーティストのセールスプロモーション映像を制作する時のポイント

ミュージックビデオとプロモーションビデオの違い

ミュージックビデオとプロモーションビデオの違い
音楽業界や映像制作ではミュージックビデオをプロモーションビデオの言葉をよく耳にしますが、ミュージックビデオとプロモーションビデオの違いをよくわからない人が多いのではないでしょうか。
しかし、この2つには明確な違いがあります。
まず、ミュージックビデオは、音楽の作品に合う映像を撮影したものです。
アーティストのCDに得点として付属してあるDVDがミュージックビデオとして扱われることが多いです。
セールスプロモーション映像として利用されるのが目的なのではなく、音楽番組に利用されたり、音楽作品として評価を受けたりする場合にミュージックビデオを制作されます。
一方、プロモーションビデオは、セールスプロモーション映像という目的があります。
音楽番組に利用されるミュージックビデオとは異なり、プロモーションビデオはバラエティー番組などで数十秒程度放送されます。
セールスプロモーション映像ですので、視聴者に対して購買意欲を掻き立てる映像となっています。

アーティストを宣伝する映像とは

アーティストを宣伝する映像とは
ミュージックビデオとプロモーションビデオの違いがはっきりしないままアーティストの映像をつくっている場合が多いでしょう。
しかし、映像制作の目的が異なるため、セールスプロモーション映像を制作したい場合、ミュージックビデオは適していないと言えるでしょう。
音楽作品として評価を受けたい場合は、ミュージックビデオを制作し、アーティストを宣伝したい場合はプロモーションビデオを制作します。
アーティストのプロモーションビデオでは、アーティストをアピールするような映像をつくるのがポイントです。
しかし、アーティストが販売するCDも商品のひとつのため、プロモーションビデオと言っても間違いではありません。
呼び方は人ぞれぞれですので、神経質になる必要はありませんが、セールスプロモーション映像はアーティストを宣伝するという目的で制作することが大切です。

お問い合せはこちらから Contact

Pgae top