Column コラムプレゼン用のセールスプロモーション映像を制作するさいのポイント

プレゼンの基本は「記憶に残る」ことと「分かりやすい」こと

プレゼンの基本は「記憶に残る」ことと「分かりやすい」こと
企画や営業など、会社員の一員として働いていれば、プレゼンテーションはいつまでも付いて回るものです。
重役やお偉方の前で何かを発表するのであれば、失敗はしたくありません。
しっかりとプレゼンができれば、評価されることにもつながります。
そんな社会で生きていく上で重要になるこのプレゼンテーションですが、どのようなものが評価されるのでしょうか。
良いプレゼンをするためのコツはたった2つ、「記憶に残る」ことと、「分かりやすい」ことです。
これらのコツの条件をいずれかだけでも満たしていれば、プレゼンのクオリティもグッと上がることでしょう。
記憶に残ること、こちらのコツについては発表の内容にもよりますが、発表の仕方である程度改善することも可能です。
特に、分かりにくい数字が表示された画面が出されているだけの発表になってしまうと、印象も大分悪くなってしまうので注意しなくてはいけません。
クオリティの上昇につなげるためにも、セールスプロモーション映像の製作を考えてみても良いでしょう。
セールスプロモーション映像ならば、記憶に残るものへと簡単に仕上げることも可能です。

セールスプロモーション映像を作る際のコツは?

セールスプロモーション映像を作る際のコツは?
プレゼンにセールスプロモーション映像を取り入れるならば、コツを抑えて映像製作をしていくことが肝要です。
セールスプロモーション映像は、基本的に画面移される情報を絞ってシンプルにするのが見やすくするためのコツとなります。
数字ばかりが入っている、もしくは画面内に余分な情報が入り過ぎてしまっていると、どの情報を目で追えば良いのか分かりづらくなってしまいますので、悪い印象へとつながってしまいます。
映像はシンプルに、文字は画面の左上から右下にかけて目で追いやすいように制作すると、記憶にも残りやすい映像になります。
また、画面に映す情報は必要最低限に絞っておくと、シンプルでよりスタイリッシュな映像になりますのでおすすめです。

お問い合せはこちらから Contact

Pgae top