Column コラムスマホ向けセールスプロモーション映像の特徴

スマホ向けのセールスプロモーション映像が常識を変える

スマホ向けのセールスプロモーション映像が常識を変える
パソコン以上に身近な存在となったスマホですが、そのスマホを使って映像を見る機会も増えてきています。
気に入るとすぐに購入することもできる環境にあるので、セールスプロモーション映像の出来次第では、大きなビジネスチャンスを獲得することもできるでしょう。
ただし、どんな映像でも良いというわけではなく、より効果を高めようと思った場合には、いくつか注意しなくてはいけないことがあります。
スマホは自宅で触ることもあれば、外出先で触ることも多いので、セールスプロモーション映像があまりにも長時間だと視聴してもらえません。
そのため、本当に伝えなくてはならないことだけを、しっかりとまとめて映像化することが求められるでしょう。
もし、セールスプロモーション映像を見て興味を持ってもらえたとしても、実際に購入できるサイトへの誘導がうまくできていなければ意味がありません。
また、スマホはパソコンとは違い、画面がそこまで大きくないので、小さな文字を多用することは避けて、小さな画面でも見やすいセールスプロモーション映像を作る工夫が必要です。

スマホ向けセールスプロモーション映像の特徴について

スマホ向けセールスプロモーション映像の特徴について
まだまだスマホ向けの映像で集客や宣伝を行っている企業は多いとは言えませんが、やり方さえ間違えなければ、大きな効果を得ることができるでしょう。
スマホは身近な存在…ということが特徴ですから、スマホ向けにすることで、より親近感を感じてもらえ、視聴数を上げることもできるはずです。
そして、公式サイトを掲載する、映像配信サイトを使う、関連する様々なサイトの映像を掲載してもらう、など、あらゆる方法でアプローチできる点も大きな特徴といえます。
スマホ向けということは、外で見ることが多いと推測されますので、突然大音量が流れたり、周りに聞こえては困る文言が入っていたりしては、すぐに途中で停止されてしまい、最後まで見てもらえない可能性が高いので、そうしたところも、セールスプロモーション映像を作る上で気をつけなくてはいけません。

お問い合せはこちらから Contact

Pgae top