Column コラム海外用セールスプロモーション映像のポイント

海外用セールスプロモーション映像を作る際に押さえておきたいポイント

海外用セールスプロモーション映像を作る際に押さえておきたいポイント
日本だけではなく、世界中で注目されているのが、映像を活用したプロモーション活動です。
少し前までは、映像を用いていると一目置かれるという状況でしたが、今の時代には映像を活用しているのは当たり前になっています。
日本の企業や団体が、海外に向けてセールスプロモーション映像を作り、それを使ってアピールしている様子もうかがえます。
特に映像に注目している分野がありますが、それは観光ビジネスです。
インターネットを活用することで、容易にセールスプロモーション映像を配信できます。
それに、海外にいる人に見せることで、日本に興味を持たせるといったことも可能でしょう。
ただし、日本人向けの映像ではありませんので、制作するにあたって注意しなくてはいけないことが、とてもたくさんあります。
最大のポイントは、言語の違いについてで、できる限りたくさんの言語に対応させることが大切です。
これは確かに面倒なことですが、基本的な映像自体はどの言語バージョンにおいても同じでOKで、変化させるべき部分はテロップやナレーション部分になります。
どれだけ、素晴らしい内容の海外用セールスプロモーション映像を作ったとしても、言葉の壁があるならばそれ以上興味を持ってもらうことは難しいでしょう。

海外用セールスプロモーション映像のクオリティ次第では効果が期待できる

海外用セールスプロモーション映像のクオリティ次第では効果が期待できる
海外用セールスプロモーション映像を作ったとしても、見てくれる人がいなくてはいけません。
特に、日本以外をターゲットにしている場合は、インターネットを使うことが主な方法になりますが、様々な工夫しなくてはいけません。
例えばYouTubeに掲載したとしても、日本語でのタイトルでは当然外国人は興味を示しません。
英語やそのほかの国の言語版のタイトルを用意したり、ターゲットとしている国民がよく使っている動画サイトを使ったりすることも重要です。
いかにして海外用セールスプロモーション映像を見てもらえるか次第で、結果は大きく変わってきます。
結局、海外用セールスプロモーション映像は、言語の違いを意識して、ターゲット国でよく使われている動画サイトなどを利用することなどが、重要なポイントなのです。

お問い合せはこちらから Contact

Pgae top