Column コラム展示会で目立つセールスプロモーション映像のポイントとは?

展示会は勝負の場!セールスプロモーション映像で目立たせる

様々な企業が集まる展示会は、企業の命運を握るとても重要度の高いイベントです。
出店している企業にとっては、どれだけ自社をアピールして取引に結び付けることができるかがカギになります。
基本的には、その展示会イベントに参加している各企業は同業種のことが多いので、周りにある企業のブースはすべてが敵ということです。
各企業とも、展示会で新規開拓しようと気合を入れているでしょうから、一筋縄ではいかないでしょう。
しかし、セールスプロモーション映像を活用すると、状況が好転することも多く、他企業に比べて圧倒的に注目を浴びやすくなります。
セールスプロモーション映像を用意している企業ばかりではないので、その時点でまず差が付くでしょう。
しかし、それだけではパンチ力に欠けますので、音も取り入れることが重要です。
音で注意を引き付けて、映像の内容でより注目させるということがポイントでしょう。

展示会で目立つセールスプロモーション映像のポイントとは?

展示会で使用するセールスプロモーション映像のポイント

映像によって注意を引き付けても、結果的にブースに立ち寄ってくれなくては意味がありません。
ですから、映像を見るだけではなく、ブースに行かなくてはいけない理由を作ることも大切でしょう。
セールスプロモーション映像の中で「ブースでサンプルを配布中」「この商品を取り扱って売り上げを上げる仕組みを教えます」といった、呼び込み文句を映像中に忍び込ませます。
それ以外には、売り手以外も登場させることが必要です。
いくら良いセールスプロモーション映像を作っても、「自社の人間が褒めているだけでは意味がない…」と感じる人も多いので、例えば実際の取引企業の口コミインタビューを組み込むといった方法もおすすめです。
展示会は、ある意味では戦場ですから油断していてはいけません。
自社の強みや、アピールポイントを徹底的にセールスプロモーション映像に織り込むことも検討するといいでしょう。
展示会で目立つセールスプロモーション映像のポイントとは?

お問い合せはこちらから Contact

Pgae top