Column コラムEコマース用のセールスプロモーション映像のポイント

Eコマース用のセールスプロモーション映像のポイント

Eコマースの場合はネットで集客すればそのまま商品の販売に直結します。そのため、もっともセールスプロモーション映像が効果的なビジネスモデルと言えるでしょう。むしろセールスプロモーション映像のクオリティが売り上げの大部分を左右すると言っても過言でないです。
そのためEコマースのセールスプロモーションはユルフワ系が良いです。アマゾンなどもそのようなタイプです。人間は前のめり気味に来られるとちょっと引きます。恋のかけひきなどと言われますが、印象は残すけど追わないくらいの余裕があった方が相手から寄ってくるものです。特に顔の見えない相手から商品を購入するEコマースなので、信用や信頼が大切です。そして、恋愛と同じように、自分をアピールしたいけれど、アピールしている事実は悟られない方が良いです。
あまりにも買いたければ買えばという態度は良くないですが、売りたい感じを前面に出してしまうと、そんなことをしないと売れないんだ、と引かれます。居酒屋のキャッチみたいなものです。

Eコマース用のセールスプロモーション映像のポイント

Eコマース用のセールスプロモーション映像のポイント

Eコマースのセールスプロモーション映像は、そのままネットから売りやすい分逆にごり押ししない方がバランスが取れるということを上述しました。そして、この発想はコスト面でもお得です。あえてユルフワ系の映像で相手を油断させる作戦に出るので、極端な話、棒人間の映像とかでも良いわけです。
便利なサービスなのに、緩く笑いを狙ってきた、などのギャップが人間は好きです。恋の足し算引き算、ファッションの足し算引き算、いろいろありますが、要するに自作自演でギャップを作り出しているわけです。
Eコマースのセールスプロモーション映像に関しては、このギャップの演出が特に重要なのです。信頼と信用を得るためには、それを売り込むと逆効果なので、ユルフワっと脱力作戦でいったらよいです。売り込んでいる感じはしないけれど、サービスを知ったという状態になれば、客足が勝手に増える方法です。営業において重要なのは、売り込むことではなく、買いに来てもらうことでしょう。 恋愛も同じようなものです。

Eコマース用のセールスプロモーション映像のポイント

お問い合せはこちらから Contact

Pgae top