Column コラムインバナー型セールスプロモーション映像のメリット・デメリット

インバナー広告のデメリット

セールスプロモーション映像のなかでもインバナー型の広告は主流なので見かける機会は多いでしょう。バナー広告の動画版です。帯のようになっているところに動画が流れていて、止めようと思ってクリックしたらどこかのサイトにリンクした、という経験はネットサーフィンをする人なら誰でもあるでしょう。
そしてせっかくのセールスプロモーション映像なのですが、インバナー型の広告は間違えてクリックするとイライラするので、腹が立つから絶対こんな広告載せている企業のサービスは受けるか、と思われる場合も多いです。
しかし、世の中のすべての人に好かれるのは不可能で、アンチが出てくるのは仕方ないです。そして、それを恐れていてはPRすることができないので、邪魔に思われることも考慮しつつ広告を出していく必要があります。
映像が面白ければまだ良いのですが、よくわからないキャスティングの映像はつまらないし押したら飛ぶしでいい迷惑になるでしょう。それは仕方がないです。

インバナー広告のデメリット

インバナー広告のメリット

セールスプロモーション映像を作るからには集客したいです。しかし、邪魔に思う人が大多数ということは上述しました。多くの人のネットサーフィンの機械を損失させてまで出すセールスプロモーション映像の一つがインバナー型の広告なので、その分見る人に楽しんでもらう必要があります。
ほとんどの人にとっては勝手に出てきた邪魔なものなので、そこから興味を引くという意識が必須です。企画からすべてを業務委託することもできますし、企画自体はある程度自社で決めておき、実際の制作を映像制作の会社に依頼することも可能です。
全部自社でやることもできるのですが、インバナー型の出し方もよくわからないということになるでしょう。
上述した通り、ネットユーザー大多数にとって邪魔になるインバナー広告ですが、逆に言えば多くの人の目に触れることができるということです。マイナススタートではありますが、コンテンツの質次第ではそこからプラスにもっていくことができます。また、一度作れば勝手に営業してくれます。
インバナー広告のメリット

お問い合せはこちらから Contact

Pgae top