Column コラムプリロール型セールスプロモーション映像のメリット・デメリット

プリロール型セールスプロモーション映像のデメリット

セールスプロモーション映像全般に言えることですが、特にプリロール型の映像広告ははっきり言って、多くの動画視聴者にとってかなり邪魔です。早く動画が見たいから早く終われというようになるでしょう。テレビなんかもコマーシャルがありますが、同じようなものなので、違和感なく受け入れはするでしょうが、できれば見たくないという状態がデフォルトです。
広告動画ありかなしの動画を選択できるとしたら、なしを選択する人がほとんどのはずです。これは広告全般のデメリットです。関係ない人からしたら迷惑でしかなく、動画視聴のための貴重な時間を奪われるわけです。連続視聴する場合には何度も同じ動画を見ることになるでしょう。
そのため、理想としては何度見ても面白いコンテンツならば視聴者もそれほど嫌ではないです。単に企業のPRを言葉で説明されているようなものだと、もはやその動画サイト自体使うのを辞めようと思われかねません。そのくらいの影響力です。
プリロール型セールスプロモーション映像のデメリット

プリロール型セールスプロモーション映像のメリット

上述した通り、セールスプロモーション映像のプリロール型は基本的にユーザーにとっては邪魔で、中身なんか見ずに早く飛ばしたいです。しかし、何といっても多くの人の目に触れて勝手に営業してくれることがメリットです。確実にマイナスイメージからスタートしますが、コンテンツの面白さによってはそこからプラスに転じさせることが可能です。
またイメージが良くないかということと、そのサービスを利用するかということには必ずしも直結しません。まったく知らないものと、なんとなくでも聞いたことのあるものだと、なんとなくでも知っているものに親近感を持つものです。たとえそれが少しマイナスのイメージだったとしても、知らないよりは良いのです。多くの人に知ってもらう機会というだけでも価値があります。しかし、悪目立ちでもあるので、なるべく面白く、良いイメージにすることが重要です。
人に迷惑をかけてPRするので、見る価値のあるものを提供したいところでしょう。
プリロール型セールスプロモーション映像のメリット

お問い合せはこちらから Contact

Pgae top