Column コラム>WEBにセールスプロモーション映像をUPするメリット

リクルート用のセールスプロモーション映像作成ポイント

リクルート用のセールスプロモーション映像作成ポイント リクルート用のセールスプロモーション映像の対象は就職希望者です。そのため、若い人も多いでしょう。しかし、年齢層が同じだからと言って、同じ価値観をもっているわけではなく、当然就職に対する意識も違うでしょう。
比較的右向け右のように、みんな同じが好きな日本人であっても、最近はネットで情報に触れ続けたりもするので、人それぞれの傾向が強まっています。
そして、就職に対しても昔ほど社会に出て立派になる、先輩の背中を見て追い越せ、みたいなのは減っているでしょう。そのため、情熱系のリクルートのセールスプロモーション映像は、かえって社会つまらない感を増長させてしまう可能性が高いです。
仕事も役割分担や個性の時代なので、単純比較してみんなが同じことをしている会社はそもそもいけてないです。
なので、リクルート向けのセールスプロモーション映像でも他と同じように面白いコンテンツである必要があります。少し肩の力を抜いたものの方が、就職する気も起こしやすいですし、個性の時代です。

リクルート用のセールスプロモーション映像作成ポイント

リクルート用のセールスプロモーション映像作成ポイント リクルート用のセールスプロモーション映像では、情熱系のやる気や熱意で押したくなりがちですが、みんなが同じ方向を向いている時代ではないということを上述しました。 そのため、リクルート系のセールスプロモーション映像だからといってごりごりに会社で働く気満々な感じを出さなくても良いでしょう。むしろリラックス系の緩い感じの方が若い人には受けが良いはずです。アニメーションが可愛い方がブラック感なく楽しく働けるのではとかそんな感じです。 映像作成の方向としては、不安の払しょく、笑いとリラックスという感じです。やみくもに突っ走る方向も今はみんな迷っています。情報が多いと、選挙ポスターみたいな広告で情熱の押し売りをされても邪魔に感じるはずです。 そもそも普通の人はセールスプロモーション映像なんか見たくもないですし、邪魔だけど出てくるから仕方なく見ているような場合がほとんどです。そこでいきなり就職の情熱をリクルートスーツで見せられても、コンテンツを楽しむ公害になります。

お問い合せはこちらから Contact

Pgae top