Column コラム>セールスプロモーション映像に効果的なテロップの入れ方

セールスプロモーション映像を作るならテロップは必須

セールスプロモーション映像を作るならテロップは必須 より売るための映像でもあるセールスプロモーション映像には、テロップを入れるのが当たり前になりつつあります。
セールスプロモーション映像の仲間でもあるテレビCMを見ると分かるのですが、そのすべてにテロップが入っているでしょう。
テロップとは、映像の中に表示される文字のことで、これがあると例えば耳が聞こえにくいといった人であっても、内容を十分に理解することができます。
セールスプロモーション映像は、周りがうるさい街角や店頭などでも流されていますが、そんな中じっくりと映像を見て音声も聞き取って…というのは少々難しいでしょう。
しかし、せっかく作った映像を最大限理解してもらうためにも、テロップがあることによって、お客さんはすぐに商品やサービスの魅力部分を知ることができます。
その結果、メリットを理解できるので、購買にも結びつきやすくなるでしょう。
宣伝のための映像は、とにかくクオリティが要求されますが、ただ単に映像として美しいだけでは宣伝効果が高いとは言えません。

セールスプロモーション映像で重要視したいテロップの入れ方

セールスプロモーション映像で重要視したいテロップの入れ方 テロップを映像に入れるだけでは、素人が作成した映像のようになってしまいます。
テロップの色や書体はとても大事で、どういったデザインにするかによって、映像を見る人に与える力は違ってきます。
宣伝したい商品やサービスに合わせることも大事で、とてもまじめで厳かな商品を販売する際にポップ調の文字では違和感がありますし、色や大きさについても同様です。
そしてテロップにふちどりを行ったり、特殊な加工を行ったりすることで、より見栄えがするテロップ入りの映像が完成するでしょう。
テロップを出すタイミングや、出し方も様々で、長い時間見せておくのか、フェードイン・フィードアウトするのかなども大切です。
文字の雰囲気を少し変えるだけでセールスプロモーション映像のイメージは変わり、時には商品自体のイメージを悪化させてしまうこともあります。
しっかりと魅力を訴えかけられるようなテロップ構成でないといけません。

お問い合せはこちらから Contact

Pgae top