Column コラムインフィード広告のメリットと使用するセールスプロモーション映像のポイントとは

インフィード広告のメリット

インフィード広告のメリット
広告には様々な種類があります。
インフィード広告もその一つです。
インフィード広告とは、アプリやSNSでタイムライン上に広告と表示されているコンテンツのことを言います。
セールスプロモーション映像を制作する予定のある企業は、インフィード広告と一緒に活用してみてはいかがでしょうか。
インフィード広告のメリットは、サイトやアプリのコンテンツに馴染みやすいことです。
スマホは画面が小さいため、1ページに収まるコンテンツの量に限りがありますが、コンテンツが次々と表示されるフィード型と相性がいいのです。
ユーザーの目的を邪魔しない広告配信ができます。
バナー広告よりも反応されやすいこともインフィード広告のメリットです。
バナー形式は広告がコンテンツと大きく異なるため、フィード上に広告が表示されていると違和感を覚えるユーザーが少なくありません。
インフィード広告であれば、それぞれのサイトに馴染むフォーマットになっており、より自然でユーザーに反応されやすいです。

セールスプロモーション映像を制作する際はユーザーの気持ちを考える

セールスプロモーション映像を制作する際はユーザーの気持ちを考える
セールスプロモーション映像を制作し、インフィード広告を活用するのであれば、単に掲載するのではなく、そのサイトやアプリを閲覧しているユーザーの邪魔をせずに、目に留まりやすいように工夫するのがポイントです。
目に留まりやすい分、広告的なフレーズばかりが並んでいるとインフィード広告はスルーされてしまうでしょう。
また、セールスプロモーション映像の内容がユーザーの求めている情報ではなかった場合、騙されたと感じさせてしまうなど、企業やブランドに対するイメージを悪くさせる可能性があります。
リンク先にセールスプロモーション映像を流す場合、インフィード広告をクリックしたユーザーが期待している情報は何かを考え、セールスプロモーション映像の内容に盛り込むこともポイントの一つです。
動画はテキストや画像では伝えきれない情報をわかりやすく伝えることができますが、ユーザーを飽きさせないように工夫が必要です。
さらに、説明文やクリックを促す文章も大切なポイントになります。
このようにインフィード広告には様々なメリットがあります。
メリットを最大限に生かすためにも、セールスプロモーション映像の制作には工夫が欠かせません。
お問い合せはこちらから Contact

Pgae top