Column コラム電車でのセールスプロモーション映像を映す宣伝効果について

実体験のセールスプロモーション映像で商品価値を伝える方法とは

電車でのセールスプロモーション映像を映す宣伝効果について
電車内でのセールスプロモーション映像を2002年に初めてJR東日本が導入した媒体で「トレインチャンネル」というものがありました。
最近ではそれ以外にも展開はされており東京や大阪など首都圏のJR・私鉄を中心に路線ごとに様々な名称で呼ばれています。
中吊り広告があるにもかかわらずなぜ電車内でのセールスプロモーション映像が導入されたかというと理由はとても明白でした。
それは「勝手に目が行ってしますから」でした。人間は動きのあるものはつい目で追ってします生き物です。
中吊り広告だとどんなに凝ったデザインだったとしても実際に動くことはありません。
がしかし電車内でのセールスプロモーション映像では情報の豊富さやつい見てしまう車内ビジョン、利用シーンや広告内容が理解しやすく商品について深い理解を得ることが簡単にでき、信頼を獲得することができるでしょう。
多くの人に支持され、十分に高い評価を得られるチャンスはあります。

実際の視聴率

実際の視聴率
では、実際に電車内におけるセールスプロモーション映像の視聴率はどうなっているのでしょうか。
関東交通広告協議会のレポートでは車内広告全般それぞれの視聴率の調査結果がありました。
「中吊り69.7%」「窓上52.9%」「ステッカー41.2%」など70%を超えるものがない中車内のセールスプロモーション映像に関しては75.7%と他の追随を許さない結果になっていました。
やはり電車内のセールスプロモーション映像では情報量の多さで視聴者のイメージなどをふくらませ、深い理解をもたらし売り手側への信頼感を与えることができます。
電車内でのプロモーションはセールスプロモーション映像のツールとして様々な可能性を秘めています。
新しいプロモーションのメディアとして活用を検討されてみてはいかがでしょうか。
多様な広告が以外な広告効果や価値を生み出す時代だからこそ、既存の概念に囚われず、新しい広告にチャレンジする価値は十分にあります。
お問い合せはこちらから Contact

Pgae top