Column コラム実体験のセールスプロモーション映像で商品価値を伝える方法とは

実体験のセールスプロモーション映像で商品価値を伝える方法とは

実体験のセールスプロモーション映像で商品価値を伝える方法とは
受験勉強などで少し話題になったことがありますが「人間は聴いたもの、見たもの、教わったものは1割程度しか記憶に残らないが実際に体験した実体験のものは9割ほども記憶に残る」というものがあります。
これは受験勉強を実際に控えている人が復習などを兼ねて教える側を務めるとより記憶に残り安くなるというものを具体的な数字を出して表したものなのですが、これをセールスプロモーション映像に置き換えていくとこれに当てはまるものがいくつかあります。
まず、一つが「テレビショッピング」です。
やはりテレビショッピングなどでは知名度が高いような女優さんなどを起用して行われているので彼女たちが実際に体験した商品の実体験を話してプロモーションされるとものとても説得力があります。
実体験によるセールスプロモーション映像ではその人が体験したことを話しているので説得力が格段に上がると言えるでしょう。

若者による活字離れやテレビ離れ

若者による活字離れやテレビ離れ
若者による活字離れやテレビ離れにより新たなセールスプロモーション方法が「体験型」です。
これは具体的にどういうことかというと日産自動車のショールームで行われた動く椅子などがそのいい例にあたります。
これはショーとして実体験を消費者にしてもらうというものなのですが、この真の目的はSNSでの拡散にあたります。
今や若者が映像を頻繁に見る機会と言うのはほぼSNSになっていると言われています。
消費者自らSNSで実体験した動画を投稿するとこれが拡散されセールスプロモーション映像に自動で変わっていくからです。
これによりSNSで話題を作ることによって実体験によるセールスプロモーション映像は効力を発揮していきます。
時代の流れに合わせてセールスプロモーション映像は工夫をしていくものではありますが消費者が自ら動画を拡散できる今だからこそ先に紹介したいものを消費者に体験してもらうというのは一つの大きな戦略と言えるでしょう。
お問い合せはこちらから Contact

Pgae top