Column コラムセールスプロモーション映像と店頭販売を同時発信させた相乗効果とは

セールスプロモーション映像と店頭販売を同時発信させた相乗効果とは

セールスプロモーション映像と店頭販売を同時発信させた相乗効果とは
セールスプロモーション映像を流す目的はその売りたいものなどを他社の媒体よりも知ってもらうことや売りたいものを紹介するなど主に「認知」してもらう目的のために用いられると、言えます。
それが例えば店頭販売されているものの横でセールスプロモーション映像を流したらどうなるでしょうか。
店頭販売されているものには大抵POP広告で文字情報が羅列してあります。
それをセールスプロモーション映像に置き換えるだけで絶大なアイキャッチ効果を発揮し他の商品や他社との差別化を図れるでしょう。
なによりセールスプロモーション映像に置き換えることによって実際に店頭販売されているものの使い方や商品を作った人など文字情報だけではどうしても伝えきれないような絶妙なニュアンスの部分まで事細かく伝えることができ、映像なので相手側に読ませる必要がなく非常に効率が良いです。

セールスプロモーション映像と売り上げ

セールスプロモーション映像と売り上げ
今現在の店頭販売における現状を調べたあるチームのアンケートでこんなデータがあります。
「アパレル店舗で買い物中に転院に話しかけられたくない人の割合 8割以上」という報告です。
来店客が店員の接客を受け、商品を理解しというような流れはもうほぼ無くなってきています。
店頭販売をする身としてはこのような時代背景に合わせた売り方をしていかなければならないということです。
次に紹介するデータは2013年にアメリカとカナダの消費者1500人を対象に行われた調査によるものなのですが「約60%の人が何を購入するのか決めていない」と回答していました。
それともう一つ「約90%の人が商品について知りたいものは仕様」だと答えました。
このことから絶大なアイキャッチ効果をもたらす店頭販売におけるセールスプロモーション映像の合わせ技は何を買うか決めていない人に対しても興味をそそるポイントにもなり消費者が知りたい仕様についてもPOP広告以上に手軽にかつ膨大な情報を盛り込めるので非常に効率が良いと言えるでしょう。
お問い合せはこちらから Contact

Pgae top