Column コラム飲食店の雰囲気を伝えるセールスプロモーション映像

飲食店の雰囲気を伝えるセールスプロモーション映像s

飲食店とセールスプロモーション映像映像
飲食店のセールスプロモーションというと、雑誌やテレビの取材、グルメサイトの口コミなどによる受け身のものが主流ですが、それは非常にもったいないです。
機材の進化や、インターネットの動画サイトなどの普及によって、小規模の飲食店であっても、動画を使ったセールスプロモーション映像によって、能動的に世界中に情報を発信することが可能になっています。
文字や画像に比べて情報量を増やすことができるというだけではなく、実際に働いている人たちの顔を出して広告をすることで、信頼感や安心感も伝わります。
最近では、料理人や、食材の生産者の名前や顔を出して紹介するという方法が流行っています。
これを利用したセールスプロモーション映像はとても有効です。

飲食店のセールスプロモーション映像で伝えるべきこと

飲食店のセールスプロモーション映像で伝えるべきこと
飲食店のセールスプロモーション映像映像を作る際は、どのような要素を入れていけばよいのでしょうか。
こちらのポイントを抑えて映像を作ることで、効果的なセールスプロモーションを行うことが可能です。
まず、店の料理や価格帯がわかるようにしましょう。
消費者がお店を選ぶ際にまずチェックするポイントですので、こちらが不明瞭なお店には入りづらいでしょう。
価格帯を伝えると言っても、直接メニューを乗せるわけではなく、映像のテイストや合わせる音楽で視聴者にイメージを与えるということが可能です。
店の客層や、お店全体の映像を入れましょう。
客層や雰囲気で、どういったシーンで使うのにあったお店なのかということを判断することができます。
また、つくり手やスタッフの顔を見せましょう。
顔や喋っている映像を消費者に伝えることで、親近感や信頼感を与えることができます。
最後に、店名が記憶に残るような映像であるという点がポイントとなります。
当たり前のように感じますが、料理やお店の雰囲気など、自慢にしている点を伝えようとしてしまい、ここをないがしろにしてしまいがちです。
お店の名前がしっかりと記憶に残るような動画づくりを心がけましょう。
お問い合せはこちらから Contact

Pgae top