Column コラムセールスプロモーション映像における著作権について

著作権の定義とセールスプロモーション映像との関わり

人が生み出したものには等しく著作権があります。
小説でも写真でも絵でも音楽でも映像でも、何かを作れば有無を言わさず自動的に発生する権利です。
そのため、セールスプロモーションを制作する時にも他人の作った音楽や映像などを勝手に使用してはなりません。
もし無断で使用してしまえば著作権侵害となってしまいます。
何かにつけて著作権と叫ばれる昨今ではありますが、著作権の中にも複数の種類があることをご存じでしょうか。
著作物を公表したり、自分の作ったものだとして名前を表示させたり、誰にも改変させないようにする権利が著作者人格権
複製や上演、演奏、上映など著作物によって利益が発生する場合は著作者財産権が効力を発揮します。
実は著作権は譲渡することも可能であり、作詞作曲家は歌手に財産権を譲ることもありますし、キャラクターの権利を守るために著作財産権を企業で持つと言うこともあり得ます。
さらに、演奏家やレコード会社など著作物を伝達する人にも著作隣接権が与えられます。
セールスプロモーションに関わる部分として最も大きい部分は複製権と同一性保持権でしょう。
許可を取らずに音楽や映像を使用した場合は複製権の侵害、勝手にそれらを編集して別のものにすれば同一性保持権の侵害ということになります。 著作権の定義とセールスプロモーション映像との関わり

著作権侵害をしないために

セールスプロモーション映像で使用する音楽や写真、映像をすべて自社で用意するのは相当難しいことだと考えられます。
他人の著作物を使用するためには、著作権を保有しているすべての人の許可を得る必要があるからです。
レコード会社を通して発売されている音楽ならJASRACに申請すれば問題ないケースが多いですが、映像や写真に関しても許可が得られなければ使用してはなりません。
また、思いもしなかったものに著作権が絡んでいることもあり得ます。
もし著作権侵害をしてしまうと、損害賠償を請求されたり罰則を受けるだけでなく、社会的なイメージも悪くなってしまいます。
自社のみでセールスプロモーション映像を作成するとなるとこのように著作権の問題をいちいち考え無ければなりませんが、著作権侵害をしない簡単な方法があります。
それは、映像制作会社にセールスプロモーション映像の制作を依頼するということです。
映像制作会社は著作権の知識も持ち合わせていますし、面倒な手続きもすべてやってくれるので、映像の内容に集中することができます。
誤って著作権を侵してしまうよりもずっと効率的で安全な方法と言うこともできるでしょう。 著作権侵害をしないために
お問い合せはこちらから Contact

Pgae top