Column コラムSNSでシェアされるセールスプロモーション映像をつくるポイント

進学塾におけるセールスプロモーション映像

進学塾におけるセールスプロモーション映像
セールスプロモーション映像を制作しようと検討している進学塾もあるのではないでしょうか。
進学塾がセールスプロモーション映像を制作する理由は様々ですが、最も多い理由は生徒を増やすためでしょう。
進学塾におけるセールスプロモーション映像を制作するポイントがあります。
セールスプロモーション映像を制作する前に知っておかなければならないことは、学生や親が進学塾を選ぶ基準です。
自宅から近い場所、交通の便など様々な基準が挙げられますが、多くの人は講師が進学塾を探す際の基準としています。
講師は、個々の進学塾で最も個性の分かれるところではないでしょうか。
そのため、セールスプロモーション映像を制作する際は、講師をアピールするのがポイントです。
個性的な講師、没個性がある講師、実力派の講師など様々な講師がいますが、バランスが重要になります。
一人あたりの紹介時間を短くして、できるだけ多くの講師を紹介しましょう。
その中に、数人没個性でありながら実力派の講師を紹介すると、期待感と安心感のバランスが良くなります。

アピールポイントを絞って効果的に伝えよう

アピールポイントを絞って効果的に伝えよう
セールスプロモーション映像の中に、取り扱っている教材を紹介しようと考えている進学塾も少なくありませんが、教材は基本的に紙媒体であるため、動画の中では映えません。
教材の中身を紹介するのであれば、解答や解説の質の良さをアピールしましょう。
また、自習室もセールスプロモーション映像におけるアピールポイントになります。
設備の便利さが伝わるように、実際に利用している学生の声を取り入れると効果的です。
その際はインタビュー形式にするのではなく、声をBGMにして設備の様子を映像で伝えましょう。
セールスプロモーション映像は、長ければ良いというわけではありません。
限られた時間の中で、最もアピールしやすいのはどこなのかを意識してセールスプロモーション映像を制作することが大切です。
近年、日本では大学の進学率も高まっており、進学塾に求められるレベルも厳しくなってきました。
生徒を獲得するためには、チラシの配布やテレビのCMを利用するだけではなく、ネット上での配信も欠かせません。
効果的なセールスプロモーション映像を制作し、アピールしてみてはいかがでしょうか。

お問い合せはこちらから Contact

Pgae top