Column コラム商品のプロモーションビデオを制作する時のポイントとは?

セールスプロモーション映像の目的

セールスプロモーション映像は企業のイメージアップや人材獲得などにも使われますが、最も多い使用方法は商品の宣伝でしょう。
商品をたくさん売るために作るわけですからもちろん商品について何かしらの良い点を述べるべきと考えられます。
企業のイメージアップのためのセールスプロモーション映像なら企業の名前を覚えてもらうためにインパクト重視で作成しても良いですが、商品となれば話は別です。
商品のセールスプロモーションでインパクトを最優先にしてしまうと、肝心の「どんな商品なのか」が全く分からない映像になってしまうでしょう。
テレビコマーシャルでは検索窓を表示させて「続きはWebで」という文句も常套化しています。
スマートフォン世代やパソコンを常時起動させているような状態の若者に向けた商品ならば効果的ですが、Webから縁遠い人たちにとっては何が言いたいのか分からない動画に留まってしまいます。
広く一般的にその商品を印象付けたいなら視聴するだけで分かるような動画が好ましいでしょう。
テレビコマーシャルは短いため続きはWebとして興味のある層のみをターゲットにすることも有効ですが、数分間のセールスプロモーション映像ならばなおさらです。
インパクト重視の動画は知名度アップだけを狙うとき以外はリスクが高いといえるでしょう。 セールスプロモーション映像の目的

ポイントはわかりやすさ

商品のメリットを伝えることを忘れないというポイントを押さえた上で心がけたいのは、わかりやすさです。
たとえば、医薬品のセールスプロモーション映像で永遠と含まれている成分について述べられても一般人には理解できません。
また、新技術で作られたお菓子のセールスプロモーションなら、視聴者は技術について知りたいのではなくその技術を用いて作られるとどんな味になるのかが知りたいのです。
専門用語の羅列や自己満足的な解説はできるだけ省いた方が、多くの消費者にウケる映像となるでしょう。
さらに、その商品がどんなシチュエーションで活躍するのかを見せることもわかりやすさを高めるポイントです。
溶けないチョコレートなら、暑い日にハイキングしても溶けずに美味しく食べられる…といったように。
消費者自らにそのシチュエーションを想像させることができれば、購入意欲も高まるはずです。
商品のセールスプロモーション映像を制作する際には、目的を忘れずに、専門用語や解説を省き、シチュエーションを想像させるという3つのポイントを押さえた上である程度のインパクトをプラスしたいところです。 ポイントはわかりやすさ
お問い合せはこちらから Contact

Pgae top