Column コラムセールスプロモーション映像の適正な長さとは?

見たい映像と見せたい映像

人は、見たいと思うものならばいくらでも見ることができる生き物です。
人間の集中力は1時間半程度と言われていますが、面白い映画やスポーツの試合などはあっという間に2時間、3時間と経過するものです。
反対に、興味がないものに関してはなるべく早くその縛りから解かれたいという思いが働きます。
学校の授業などがそうですね。
セールスプロモーション映像に関して言えば、その商品に最初から興味があるような人にとっては多少長くても最後まで真剣に見てくれることでしょう。
しかし、そのような人はセールスプロモーション映像を見なくても商品を購入してくれる可能性がありますので、「興味のない人にも商品を売り込む」という映像の本来の意味を成していません。
興味のない人にとっては30秒のセールスプロモーション映像でも長く感じ、視聴を止めてしまうことでしょう。
そのような人を取り込むためには、ファーストインパクトがとても大切になってきます。 見たい映像と見せたい映像

セールスプロモーション映像の長さは結局どのくらいがいいの?

セールスプロモーション映像の長さは売り込む商品や視聴してもらう場所、見せたい相手の求めている内容など様々な状況によって変わってきます。
ファーストインパクトは最初の15秒程度といわれますが、いくらその15秒間に興味を沸かせたとしても街ゆく人に10分の映像を見させ続けることは不可能でしょう。
Webの動画広告でも、長すぎるセールスプロモーション映像はそれを目当てに見ている人でない限り、飽きてしまうはずです。
実際に2分以上見続ける人はかなり少ないといったデータも出ています。
一方で、世界で拡散されるような優良な動画は2分を越えるものが多いことも事実です。
30秒を待たずに離脱される動画も大多数ですが、消費者の厳しい目の中で生き残る動画の多くが5分以上というから驚きです。
このデータは面白い動画に長さは関係ないことを物語っています。
Web動画に関して言えば、セールスプロモーションの長さは一般的に2分以内、2分を越えるなら視聴率が維持できる程のクオリティが求められると言えるでしょう。
これはWeb上以外でも同じことがいえます。
最後まで見たいと思わせる動画ならば、セールスプロモーションの長さは関係ありません。
ファーストインパクトでどれほど視聴者に興味を沸かせることができるのかがカギとなります。
クオリティの高い動画の成功例を参考にしたり、セールスプロモーション動画の実績がある映像制作会社に制作を依頼すると成功率は上がるでしょう。 セールスプロモーション映像の長さは結局どのくらいがいいの?
お問い合せはこちらから Contact

Pgae top