Column コラムセールスプロモーション映像とミュージックビデオの違い

セールスプロモーション映像はミュージックビデオとは別物

セールスプロモーション映像というのは、その名前を見てもわかる通り、宣伝をする際に用いる映像です。
とあるミュージシャンが新曲を発表する際には、ミュージックビデオだけではなくて、セールスプロモーション映像も作られることがあります。
この映像はあらゆるところで使用され、例えばテレビの音楽番組で宣伝のために放映されたり、CMで流れることもあり、視聴者がこの音楽に興味を持つような映像に仕立て上げられているでしょう。
またセールスプロモーション映像はインターネット上でも配信されていますし、場合によってはビルの外壁に設置されている大型ビジョンで流れることもあります。
ミュージックビデオとは異なり、映像の長さも短く、テレビCM用のセールスプロモーション映像だと15秒や30秒になります。
短い時間の間に視聴者にアピールしなくてはいけないため、企画力が求められますし、ある意味ではミュージックビデオの制作以上に気を遣うかもしれません。
売るための視点が重要視されますし、ターゲットユーザーになる世代の気持ちを知っていることもとても大切です。
セールスプロモーションは今の時代必要不可欠なものですから、この映像制作で失敗すると大打撃になるでしょう。
そのため撮影や編集だけでなく、企画など、あらゆる工程が重要になります。

セールスプロモーション映像はミュージックビデオとは別物

作品をより良いものにしてくれるミュージックビデオについて

セールスプロモーション映像はたくさん販売するための宣伝用映像ですが、ミュージックビデオは作品の内容を表している、音楽と共に流されるものになります。
ミュージックビデオはセールスプロモーション映像と同義で使用されるケースも稀にありますが全くの別物なのです。
音楽作品をしっかりと把握したうえでミュージックビデオを作らないと、音楽と映像がちぐはぐになってしまい、非常に勿体ないことになるでしょう。
ミュージックビデオはプロモーション映像よりも長時間あるのが一般的で、例えば5分間ある音楽の場合、ミュージックビデオは最低でも5分以上となるでしょう。
DVDを購入するとミュージックビデオが入っていて、それを楽しみにしているファンの人も少なくありません。
ですから音楽作品の良さやミュージシャンの良さを最大限表現しなくてはいけません。
セールスプロモーション映像とミュージックビデオの最大の違いは、用いられる用途という結論になります。
作品をより良いものにしてくれるミュージックビデオについて
お問い合せはこちらから Contact

Pgae top