Column コラム電車内で流すセールスプロモーション映像で気をつけること

電車内のセールスプロモーション映像の特徴

日本は鉄道大国といわれており、特に東京や大阪などの都市部では一日に延べ数千万人もの鉄道利用客が移動をしています。
そのため、車内は広告媒体としても非常に高い効果が期待でき、多くの企業や団体などが広告としてセールスプロモーション映像を配信しています。
電車内でセールスプロモーション映像を配信するにあたって、この媒体ならではの特徴をよく理解し、効果的に訴求できるものを制作することこそ、広告効果を最大限に発揮するポイントです。
電車内で配信されるセールスプロモーション映像広告の配信形式ですが、運行情報を示すモニターと並んで設置されるタイプのものがほとんどでしょう。
時間は15秒、30秒、60秒、120秒などの枠が設けられています。
また、配信期間も1クールにつき、1週間から26週間となっており、長期的にPRしたいものや、短期でのイベントなど、都合に応じて使い分けることができるでしょう。
また、電車内での媒体ということで、一般的に音は非常に小さいか、あるいは無音の場合がほとんどです。

効果的な映像にするために

電車内でセールスプロモーション映像を活用するうえで気を付けたいのは「音が出ない」という部分です。
テレビCMなどであれば、音楽やセリフで伝えたい内容を視聴者に伝えることができるでしょう。
しかしながら、電車内のセールスプロモーション映像では、音声ではなく映像のみによって視聴者に内容を伝える必要があります。
ですから、映像内で使用する、文字は見やすくする必要もありますし、テロップや吹き出しなどを効果的に挿入することが何よりも必要になるでしょう。
この部分に注意しなければ理想的な結果は生みません。
セールスプロモーション映像は活用して当たり前
効果的に使えば、電車内の広告というものは非常に有効な手段になり得ると言われています。
テレビやインターネットであれば、視聴者はほかにいくらでも見るものがありますから、広告に目が行くことは少ないでしょう。
むしろ広告がむしろ鬱陶しいとさえ思うかもしれません。
しかしながら退屈な電車内であれば、意識することなく自然に広告を見ることができますし、印象に残ることが多いでしょう。
そうすれば自然と視聴者の記憶の中にとどまりますから、商品やサービスの訴求効果も高いはずです。
テレビCMなどに比べれば広告料金も安い傾向にありますから、賢くセールスプロモーション映像を使えば、きっと大きな効果を実感できるのではないでしょうか。
お問い合せはこちらから Contact

Pgae top