Column コラム店頭で流すセールスプロモーション映像は動くPOP

デジタルサイネージという概念が登場した

一昔前であれば店頭や商品の陳列棚にあるPOPはイラストや写真など、動かないものがほとんどでした。
多くの人にとって一般的にPOPというと、商品を使用している最中の写真を撮ったものであったり、スタッフが手書きで売り文句を書いてあるものが思い浮かぶでしょう。
そうしたPOPは確かに安価で製作することができるメリットがある反面、内容がお客さんに伝わらないことも多いですし、掲載できる情報量にも限りがあります。
今、動画版のPOPが注目されていますが、これこそがセールスプロモーション映像です。
店頭で気軽に利用できるため、小売店を中心に実際に導入している店舗が増えてきており確実な効果をもたらしています。
このセールスプロモーション映像を効果的に活用することによって、商品内容やメリットを簡単に消費者に伝えることができるため、まず手に取ってもらうことが可能でしょう。
また、店外でこのセールスプロモーション映像を流すことで、入店してもらうハードルを低くすることもできます。
これによって商品の売り上げが1.5倍から2倍くらいに上がった商品もあるようで、映像媒体の効果がどれほど力を持つのかを実感できます。
デジタルサイネージという概念が登場した

セールスプロモーション映像は活用して当たり前

セールスプロモーション映像の効果のほどは上記の通りですが、それにかかる費用が莫大では、元も子もありません。
実際に導入を考えている店舗にとっても費用対効果は大きな問題だとされています。
かかる費用はケースバイケースのため一概には言えませんが、セールスプロモーション映像を配信することのできる機器をリースやレンタルできる場合もありますから、そうした場合は費用を安く抑えることができるでしょう。
店内や街中を歩く人は数少ない情報源からどの店で買うか、どの商品を買うかを決定しています。
それを考えると、多くの情報を与えられる店頭映像は、買い物する中で非常に貴重なものと言えるでしょう。
今の時代様々なところで、デジタル技術が駆使されていて、宣伝方法も多種多様になってきました。
セールスプロモーション映像のような新しい手法を上手に活用しなくては生き残ることすら困難な時代でしょう。
店次第では店頭に従業員が立ち宣伝をしているケースもありますが、人件費もかかりますし、お客さんによってはあまり良い印象を抱かないようです。
ですから店頭で積極的に、セールスプロモーション映像を流す店が増えているのです。
セールスプロモーション映像は活用して当たり前
お問い合せはこちらから Contact

Pgae top