Column コラムセールスプロモーションを考えた企業VPの特徴と活用法

目的に合わせて様々な使い方ができる企業VPとは何か

「企業VP」を製作する企業が増加の傾向を見せています。
VPとは、ビデオパッケージのこと。
企業が映像を作る、イコールCMと思われがちですが、それ以外にも映像の使用用途は幅広くあります。
イベントや社員教育、リクルートなどといった様々な目的に合わせて映像を活用するのです。
口頭では伝えきれないイメージなどを簡単に映像で説明することができるため、大変便利に利用することができるでしょう。
目や耳から入る情報は記憶に残りやすいと考えられていますから、企業イメージをより強固なものにしたいという場合等にもお勧めです。

セールスプロモーション映像としての人気も高く、近年では多くの企業が導入しています。
新たな販路を切り開きたい、新規の顧客を獲得したい、そのような際には、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

セールスプロモーションを見据えた企業VPの特徴とは

販促活動を行うに当たっては、顧客の購買意欲を刺激することが最も大きなミッションとなります。
そのためには「何を伝えたいか」を明確にしておくことが重要と言えるでしょう。
セールスプロモーション映像は、商品のイメージや、使用することで得られるメリットなどを効果的に「魅せる」ことが可能となりますので、特に盛り込みたい情報をふんだんに取り入れておくことが必要です。
ナレーションや音楽を付加することで、より深い印象を顧客の心象に根付かせることにつながるでしょう。
コンセプトやイメージを明確にPRできるということこそが、セールスプロモーション映像の最も大きな特徴と言えるのです。

企業VPの活用事例

セールスプロモーション映像は、やはり多くの目に触れてこそその真価を発揮します。
企業で開催するイベントで使用するなど、幅広い活用法を狙いましょう。
社屋や店舗のフロアで流すなどすれば、目に留まる頻度を大きく増やすことにつなげられるでしょう。
訪問した顧客にDVDとして配布するなども有効です。

インターネットが普及した近年においては、動画配信サイトを利用して企業VPを活かす事例も多く存在しています。
どのようなシーンで映像コンテンツを利用したいのかといった要望や予算面などを鑑みて、効果の高い販促活動を行いましょう。

企業VPとしてのセールスプロモーション映像はアイディア次第で様々な要素を取り入れることができますので、そのときどきのニーズに合わせて作成することをお勧めします。

お問い合せはこちらから Contact

Pgae top