Column コラムCMにおけるCGの役割

CG技術がかなり発展してきた

かつては先進的な技術であったCGですが、現代では何ら珍しいものでは無くなりました。
映画やゲームなどあらゆるところにCGは使用されており、そしてCM制作の場でもよく使われています。
ただ珍しいものでなくなったからと言って技術が止まったのかと言うとそうではなく、むしろその発展は続いています。
そのため本物と見間違うほどのリアリティを持ったCGも登場したり、また素人でも作品を発表する人が続出するなどいろいろな意味でその範囲は広くなっているでしょう。
アクション映画やSF映画など、いまやCGを一切しようしていない作品を探す方が難しいのではないでしょうか。
CGが広まりすぎたため、逆に実写である事の意義や大切さが重要視される事もあります。
確かに実写には実写の良さがあり、また実写でも十分できる事でもCGに頼る事に対して眉をひそめる人もいるかもしれません。
それでもCGが誇るべき技術であり今後も進化していくであろう事には変わりはないでしょう。

テレビCMとCGの関係について

先述しましたように、CM制作の場でもCGが活躍する機会が増えています。
CMでCGを作るメリットは何かと言いますと、主に2つ考えられ、1つは、思い通りのリアルな映像を作り出せることでしょう。
リアルに拘るくらいなら実際にある物を撮ればいいと言われればそれはそうなのですが、CG合成無しでは到底不可能な構図やシチュエーションというのも存在します。
例えば、CMにドラゴンを登場させたい場合。
ドラゴンは現実に存在し得ないファンタジーの生物であり、だからと言って着ぐるみでも使おうものならかえって偽物っぽくなります。
CGなら、そのようなファンタジーの世界のドラゴンでもまるで本当にいるかのようにリアルに見せる事も可能です。
CGは実写の単なる代価品ではなく、CGにはCGにしかできない事もある事は疑いようもありません。
もう1つの理由は、コストの削減です。
実写で撮ろうと思ったら、映像によってはそのロケ費用や人件費など多大なコストが必要になります。
それ程のCM制作費は出せないという時に、ロケの必要も無いCGは適していると言えます。
このようにCGにはCGにしか無いメリットというものがあるでしょう。
実写には実写の、CGにはCGの良さがありますので、CM制作においてその片方に拘る事は、少し勿体無いかもしれません。
ちゅるんカンパニーでは企画から編集などまで行うので、まだCGのCM制作をした事がないという企業も、1度は検討してみてはいかがでしょうか。
お問い合せはこちらから Contact

Pgae top