Column コラムCM制作に欠かせない“刺さる”キャッチコピーの重要性

キャッチコピーは難しい

テレビを見ていて、ふと気になるCMを見たことがないでしょうか。
ついキャッチコピーやフレーズを口ずさんでしまったり、印象に残っている言葉が少なからずあるかと思われます。
これらのCMは、コピーライターやセンスのある担当者がキャッチコピーを作った成功事例です。
CM制作の現場でも、似たようなキャッチコピーを生み出せないか、色々考えた経験があるのではないでしょうか。
しかし、キャッチコピーは簡単に出てこないかもしれません。
CM制作では専門業者に依頼するのが一般的になっていますが、企業側が提案することも珍しくはないでしょう。
自社商品の宣伝のために、何かしら良いキャッチコピーは無いものかと頭をひねることも少なくはありません。

CM制作で効果のあるキャッチコピーとは

胸に刺さるようなキャッチコピーを作ることは一朝一夕にいきません。
しかし、CM制作ではキャッチコピーが最も重要な要素となっているのです。
効果のあるフレーズを生み出すことは難しいかもしれませんが、商品の売り上げに大きな影響を及ぼします。
CM制作をすれば必ず売れる、話題になると考えてしまう場合もあるようですが、それは全く違うと言っても良いでしょう。
むしろキャッチコピーが全て、といってもおかしくはなく、まず視聴者の印象に残るかどうかが問題となります。
どこにでもある、極ありきたりなキャッチコピーでは、視聴者の印象に残ることも少ないでしょう。
効果を考えるのであれば、CM制作するだけ無駄になるおそれもあります。
費用対効果を最大限に高めるなら、キャッチコピーを熟慮することが重要です。
15秒、あるいは30秒という非常に短い時間の中で、記憶に残るフレーズ、誰かに伝えたいフレーズを考える必要があります。
そのため、覚えにくいフレーズや長すぎるキャッチコピーはNGになってしまうでしょう。
なるべく短く簡潔に、かつ胸に刺さる言葉を意識して考えることが大切です。
覚えやすいように、フレーズのリズム感を重視するのも良いでしょう。
どのような商品やサービスでCM制作をする場合でも、キャッチコピーが一番重要になります。
CM制作へ入る前に、社内会議で話し合ったり、社員から多くアイデアを募るのも良いでしょう。
キャッチコピーは、アイデアが多ければ多いほど印象に残る言葉が生まれます。
商品・サービスの特徴を捉え、視聴者を引きつけるフレーズをじっくり考えてみましょう。
お問い合せはこちらから Contact

Pgae top