Column コラムCM制作の費用って?

一般的なTVCMの制作費について

クライアントや広告代理店によって、契約金額が変更になるだけでなく、
どこで流すのか、どのくらいの期間流すのか、何秒CMなのか、タレントはどうするのか、
音楽は?といったことで、ずいぶん変わってきます。
例えば、15秒だけでなく、30秒と60秒も制作するとなると、
原版が3つになるということになり、撮影も、音楽も、編集も長くなります。
そして大体が1クールといわれている3カ月単位ですが、クール、1年契約で流すということでも変わってきます。
全国なのか、地域限定なのか、三大都市なのかによっても違います。
タレントも、はじめからクライアントの意向でタレントが決まっており、
「このタレントさんで」といった場合には、制作費の中にタレント代は含まれません。
しかし、こちらから出した企画の中に人間または動物が出てくる場合は、
制作費の中に含まれるので、その中でやりくりしなくてはいけません。
もちろん、それに伴うオーデションやキャスティングのお金も制作費に入ります。
また、音楽もタイアップの場合は無料ですが、
新しくそのCMのために作られるのであれば、制作費に含まれてきます。
一般的なTVCMの制作費は、クライアントからオリエンテーションを受けて、
企画を考えはじめてから撮影、仕上げを経て納品までにかかる費用のことです。
プレゼンの時と撮影前に見積もりを出しますが、
企画や演出の意向でフィルムで撮るか、ビデオで撮るかによっても、
機材や照明の費用にも大きく影響してきます。
また、スタジオの白ホリなのかセットを組むのか、ロケなのかによっても変わってきます。
制作の仕方によってかなりの差が出てきますが、
だいたい大手広告代理店金額で2000万円~1億円くらいといったところでしょう。

制作方法によってかなりの差が出てくるCM制作費

CM制作費は流される媒体によっても変わってきます。
テレビや劇場で流されるものとインターネット配信のCMではかなり違います。
制作方法によって差が出てきますが、人件費をはじめ、企画費、美術費、撮影機材費、
照明機材費、撮影スタジオ費、編集スタジオ費、MAスタジオ費、CG制作費、
アニメ制作費、音響費、特機費、スタッフ飲食費、消耗品費など様々なことにお金がかかります。
これらは、同じ企画だったとしても、
やりかたによっていくらでも安く抑えることが可能です。
ちゅるんカンパーニーでは、企画、機材、撮影スタジオ、編集スタジオ、
MAスタジオ、CG制作、アニメ制作、音響、特機など自社で所有しているため、
企画によっては、かなり安く制作できます。
どうしても背景に大型の美術セットがいる場合でも、グリーンバックがあるので、
編集で合成することも可能です。
一括で請け負うことができるため、いままで個々に行っていたスタジオ抑えやバラシ、
クレーンなどの特機、CG制作なども窓口が一つでスムーズです。
そして、効率よく制作できるため、無駄なお金もかかりません。



お問い合せはこちらから Contact

Pgae top