Column コラム印象に残るCMソングの特徴

CM制作に欠かせないものといえばやっぱりCMソング

印象に残るCMを思い浮かべてみると、
映像と共に音楽が脳内再生されることが多いです。
印象に残る良いCMには良い音楽が使われているということでしょう。
9割以上のCMにはCMソングが挿入されていますが、
それはやはり宣伝効果を高める効果があるからでしょう。
それに音楽があるおかげで映像に注目してもらえるという
効果もありそうです。
オリジナルの音楽(歌)を作ってCMに挿入している企業もたくさんあり、
それが意外なことに人気の曲になることもあります。
街を歩いていると陽気な人が鼻歌を歌っていることがありますが、
やはり人間は歌が大好きなのです。
ですから宣伝するための映像と組み合わせることで、良い効果を得られるのです。
オリジナルソングってプロじゃないと作れないと思っていませんか?
実はそんなことはなくて、比較的簡単に作ることができるのです。

一体どんな音楽が好まれるの?

CMの内容以上に音楽が知られているケースもあります。
企業側が作ったオリジナルソングがCMで流れることで、企業の知名度は自然と高まります。
それにそういったCMで流れているオリジナルソングというのは口ずさみたくなります。
みんなが勝手に色々な所で口ずさむことで勝手に宣伝してくれているのです。
人気ソングになるとテレビ番組や雑誌、インターネット上でも取り上げられるので、
これまた勝手に宣伝をしてくれている形になります。
我々が印象に残るCMソングの特徴は、まずは覚えやすくて難易度が高くない歌だということです。
そして子どもも気軽に口ずさむことができる
歌詞だということです。
また歌の内容は暗くなくて、どちらかというと明るい感じを感じられるものが人気になります。
CM制作の際にはこういったことにも気を使ってください。
CM制作時にはどんな音楽を使おうか迷うという人もいるでしょう。
オリジナルソングが厳しい場合は、
すでに誰かがリリースしている音楽を使わせてもらうことになります。
覚えやすい印象に残る、明るい音楽ということも大事ですが、
やはり宣伝したいサービスや商品にマッチしたCMソング選びをしてください。
どうせCM制作をするのなら、多くの人に口ずさんでもらえるような印象的な音楽を使用したいです。
可能なら自ら作詞や作曲をして、オリジナルソングを作るのもアリでしょう。

お問い合せはこちらから Contact

Pgae top