Column コラム15秒に思いを込めるCM制作

限られた時間で伝える!CM制作技術がすごい

テレビCMは15秒か30秒のものがほとんどで、
その中でも15秒タイプをよく見かけます。
CMを出しているのはサービスや商品を宣伝したい各企業が大半です。
そのサービスなどの魅力を15秒間という、
限られたとても短い時間内に詰め込まなければいけません。
15秒でなく10分与えられたとしても、
素人だとしっかりと魅力を伝えることは難しいでしょう。
ですがCM制作を行っている業者だと、きっちり15秒位という時間で、
素晴らしいメッセージを伝えてくれます。
CMは宣伝するためのものですが、稀にストーリー性を持たせていますし、
ドラマや映画以上に感動させられるCMも見かけます。
出演している人間や動物、モノや文字、
ナレーションの声などで構成される15秒の映像は、
とんでもない力を秘めていると言っても過言ではないでしょう。
伝えるべき内容をしっかりと映像化し、
尚且つ宣伝臭くならないようにする技術も大変立派でしょう。
CM制作のプロ達はやっぱり凄まじい技術を有しています。

CMにはどんなメッセージが込められているのか?

15秒、30秒のCMには、我々が想像している以上のメッセージが込められています。
限られた時間の映像の中にここまでメッセージが詰まっていたとは…
実際に見ていきましょう。
例えば、化粧品のCMの場合。
まずはメーカー名とブランド名を表示し伝えます。
そして美人な女優さんがバッチリメイクを決めて画面に現れます。
(この化粧品を使うとこんなに美肌になれるというアピール)

今度は化粧品(ファンデーション)を大きく映して、
その化粧品が持つメリットを文字で表現します。
さらに一番伝えるべきメッセージをナレーターが言葉で伝えます。
そして女優さんが再度アップで映り、その直後に化粧品のケースがアップになります。
ナレーターが商品名とメーカー名、ブランド名をナレーションします。
そして最後には、インターネット検索を促すための表示がなされます。
(検索窓部分にブランド名が入力されており、
検索ボタンをクリックする)
こういった流れになります。
たった15秒の間にこれだけのメッセージが込められていました。
限られた時間に収める必要があるので、CM制作はとても大変です。
だからと言って妥協が許されるわけではなく、CM制作の奥深さを知ることができます。

お問い合せはこちらから Contact

Pgae top